【最新版】保育士の志望動機 | 書き方&例文まとめ【経験・キャリア別】

The following two tabs change content below.
保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部です。保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。保育士の皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。

こんにちは!保育士くらぶ編集部です。

保育士くらぶでは、保育士・幼稚園教諭の方のための転職・キャリアノウハウ記事を配信しています。

転職・キャリアについてのご相談や求人情報については同グループが運営する「保育情報どっとこむ」をご覧ください。

履歴書でも面接でも!必要な志望動機

保育士さんも就職する際にはOLやサラリーマンと同じように履歴書を書いて求人に応募しますよね。

その際、志望動機ってけっこう悩みませんか?意外に難しい…という方、少なくないようですよ。

そこで今回は、この志望動機について徹底調査しました。先輩保育士さんたちの成功例や転職アドバイザーなどのお話から、「これならOK!」といった例文や、書き方のポイントなどを詳しく解説します。

来年の新卒保育士さんや、転職希望の現役保育士さん、さらにカムバックを目指すブランクあり保育士さんまで、志望動機でお悩みの方たち必見です!


説得力のある志望動機とは

志望動機とは、その名の通り志望するに至った動機のこと。

結論から言うと「なぜ」その保育園で働きたいのかをはっきりさせることが、より説得力のある志望動機を作成するコツです。

その「なぜ」は、もちろん嘘ではいけませんし、だからと言って「なんとなく」感が伝わるふわっとしたものもNG。

現実のことかつ、根拠のある材料を使わなければいけません。

では、どのような材料がいいのか?4つのポイントを解説します。

   関連記事でもっと知る   

志望動機攻略①園の特徴を見極める!

志望動機としては最もポピュラーで、なおかつ最も効果的だと言えるのが、

応募する園の特徴に言及すること

 

です。
応募する園の運営方針や保育方針の特徴的な部分に魅かれて…と言う志望動機は、求人する側にも納得できるものです。

それには、応募先の園の特徴を見極めることが何より大切です。

いくら志望動機にその園の良いところを挙げてほめちぎっても、その特徴が的外れだったら…かえって逆効果になってしまいます。

特徴を見極めるコツ

求人に応募・エントリーする前に、その園のホームページをチェックしたりネット上の口コミを検索したり、しっかり特徴を把握しておきましょう。
転職エージェントを活用する場合は、事前にアドバイザーに特徴を確認しておくことも有効です。

さらに、その園の保育方針が自分の目指す保育方針とちゃんと一致していることも盛り込んでおきたいところです。


志望動機攻略②採用側が採用したい人材を見極める!

保育園の特徴を掴んだら、次はその情報から、採用側が採用したい人材を見極めると良いです。

採用する側の視点から考えてみましょう。

どんな保育士さんに来てほしいでしょうか?

体力があり真面目、スキルが高く(学習意欲が高く)即戦力になる人

 

※新卒や未経験からの転職の場合、「即戦力になる」の部分は「素直である」等に置き換えられます。

細かい部分は保育園により異なりますが、共通している点はこのあたりです。

ということは、そういった部分が私にはあります、スキルも磨いてきました、というところをアピールし、それを活かせる貴園で働きたいのです!といった志望動機は採用する園側の目にも魅力的な人材と映るのではないでしょうか?

【キャリア別】志望動機の例文をチェック!

志望動機の攻略ポイントがつかめたら、キャリアごとに例文をみてみましょう。

自分の状況と強みを攻略ポイントとしてどう文章に落とし込むのか、例文でチェクできたら、実際に志望動機を作成してみましょう!


志望動機の例文①ブランクがある場合

はじめに、保育士として働いていたけれどいろいろな事情で現在は職を離れている人が復帰する際の志望動機の書き方です。
ブランクがあることは決してマイナスばかりではありません。

ポイントは

  • なぜもう一度保育士として働きたいのか?

を明確にすることです。

なぜ」という動機は、その人がこれから続けてくれるかどうかを判断する重要な材料になります。加えて、その動機をより強めるためにそれまでの経験やスキルをアピールしていきましょう。

お子さんがいる方は子育ての経験もプラスになる、といったことも触れてみてはいかがでしょうか?

例文:なぜブランクを経て復職したいのか

私は○年間、保育士として働いていましたが、出産を機に退職し子育てに専念しておりました。しかし、昨今の待機児童問題・保育士の不足というニュースを見るにつけ、私でも子供たちのために何かできるのではと復職を決意いたしました。

そこで、以前より貴園の保育方針の素晴らしさを耳にしておりましたので、復職するならぜひ貴園でと思い立ち応募させていただきました。

11年間保育士をしておりましたが、出産を機に退職いたしました。私が初めて卒園させた子供たちが、今でも年賀状やメールをくれて、先生と慕ってくれている姿を見て、この職業の素晴らしさをあらためて感じ、もう一度先生として仕事がしたいと強く思い応募いたしました。

志望動機の例文②新卒・未経験の場合

次に、新卒者や未経験者の志望動機をご紹介します。

スキルが無いのは採用側も分かっていますから、それ以外のアピールポイント、例えば、

  • 学生の頃は無遅刻無欠席だったこと
  • 体力には自信があるといったこと
  • いつも笑顔でいられる明るさ、素直さ

など、保育士として求められるであろうと思われる長所を志望動機に盛り込みましょう。

なぜ保育士を目指したのかを明確に述べることも忘れずに。

例文:未経験ならではの志望動機

私が保育士を目指すきっかけになったのは、私自身が小さいころに通っていた保育園でお世話になった先生のように素敵な保育士さんになりたいと思ったからです。

保育に関しては全くの素人ですが、学生時代にずっと運動部で活動していましたので体力には自信があります。

志望動機の例文③若手で転職する場合(保育士経験5年未満など)

保育士としての経験が5年未満など、若手で転職する場合の志望動機です。

  • 今働いている保育園と志望する園の違い
  • 志望する保育園の特徴、魅力があるから、転職したい

といった点に言及することがポイントになります。

私は子どもが好きで、子どもの成長を見守る仕事に魅力を感じて保育士になり、現在も3歳児を担当しております。

最近、もっと子供たちに深く関わりたいと思うようになっていましたところ、貴園の小規模保育やアットホームでゆとりのある保育方針などを知り、こういった保育園で働きたいという思いが強くなり、応募させていただきました。

私は子どもと英語が好きで、英語を活かして子どもと触れ合う仕事に就きたいと思い保育士になりました。

現在は保育士として経験を積んでいますが、貴園では英語教育にも力を入れているということで、より英語を活かした保育をしたいという気持ちが強く、応募させていただきました。

志望動機の例文④保育士経験8~10年以上の場合

保育士経験8~10年以上など、中堅〜ベテランの保育士さんの転職の場合の志望動機です。

  • いままでの自分の保育士経験で培った強み
  • 即戦力になれる

といった点をアピールすると良いでしょう。

また、役職などわかりやすい評価ポイントがあれば盛り込んでいくと良いです。

私は私立保育園で、主に0歳児から3歳児クラスを〇年間担当してきました。
小さいころからずっとピアノをやってきましたので、簡単な曲でしたら初見で弾くことも可能です。
中学・高校と体操部でしたので、児童に運動を教えることもやってまいりました。
こちらの園では、音楽とスポーツに力を入れた保育をされていると聞き、ぜひ貴園で働かせていただきたいと応募しました。

私は新卒からずっと私立幼稚園で○○年勤務してきました。未満児クラスの担任や年中の学年主任も経験してきました。
貴園ではこども園に移行されるということで、今までの幼稚園の経験、未満児クラスの経験を活かせると思い応募させていただきました。

志望動機の例文⑤異業種からの転職の場合

保育業界ではない、異業種からの転職の場合の志望動機の例文とポイントです。

  • 前職の経験で、保育士としても活かせる点
  • なぜ、保育士として働きたいのか

以上の点については、最低限言及しておきましょう。

私は一度接客業へ就職しましたが、その仕事をしていく中で子供が好きだと改めて感じ、独学で保育士資格を取得しました。

保育は未経験ですが、持ち前の明るさと長年接客業で培ったコミュニケーション能力を活かして働きたいと思っています。

   関連記事でもっと知る   

志望動機に困ったら相談してみるのが近道!

これまで志望動機を書くポイントを解説してきましたが、「でもこの情報が正しいのかどうかわからない…」「志望動機と園の特徴があっているのかわからない…」と不安になるかと思います。

そんな時には、保育士専門で求人や転職相談を扱っているサイトに登録し、専門アドバイザーに相談してみるのはどうでしょうか。志望動機に限らず、転職に関する様々な相談にプロがのってくれますし、園の特徴を調べてもらうこともできます。

このページからも保育士・幼稚園教諭の方向けに完全無料・充実したプロのサポート付きの転職相談を受け付けています。困ったとき、悩みを相談したいとき、ぜひお気軽にご利用ください!

さいごに

いかがでしたでしょうか?難しいと悩んでいる人が多い履歴書やエントリーシートの志望動機の書き方をご紹介しました。

ポイントをおさえれば難しくないので、苦手意識も克服できるかも知れませんよ。
この記事があなたの就職活動・転職活動の手助けになればうれしいです。


同グループが運営する「保育情報どっとこむ」国内最大級の保育士専門求人サイトです。

①専門アドバイザーのサポート
元保育士・幼稚園教諭の専門キャリアアドバイザーが多数在籍。
転職時のサポートや勤務後の悩み・相談に丁寧に対応いたします。

②全国対応で職場探しができる
全国13箇所の店舗で、「直接相談する」ことで、ミスマッチが少ない求人マッチング・紹介が可能です。

③独自取材によるきめ細やかな職場情報

キャリアアドバイザーが直接園を訪問し、取材を行っています。
園の雰囲気など保育園の細かな情報を提供することが可能です。
転職・キャリアについて相談したい方は、フォームから会員登録をお願いします♪

コメントを残す