保育士求人(正社員・パート・派遣)|幼稚園教諭

オムツかぶれの対処方☆

こんにちは(^^)/ 
横浜支店のスミヤです☆

最近は雨も多くジメジメした暑さが続ていますね(*_*)
今日はこの時期になりやすい赤ちゃんのおむつかぶれの対処法です☆


おむつかぶれの原因は?

●ウンチの回数が多くムレやすくなる
●おしり拭きの機械的刺激


オムツかぶれの対処法☆

・基本ですがまずはおむつを細目にかえ蒸れにくい環境を作ってあげましょう!
おむつを替える際は、おしり拭きの水分などを乾かしてから新しいオムツを当てる

・おしりふきにベビーオイルを1滴垂らすと、皮膚の溝に入り込んだ汚れも取れやすく、おしりをコーティングするのでうんちが付きにくくなります。

・おしっこの時はおしり拭きを使わず、オムツの綺麗な部分で抑えるだけ!
赤ちゃんの肌はとても薄く敏感なので、ゴシゴシと拭きすぎには注意しましょう。

・それでも改善しない場合は赤ちゃんウォシュレットを使う
赤ちゃんウォッシュレットとは、市販の霧吹きや100円ショップのポリ容器などにぬるま湯を入れて洗い流すこと。
洗い流した後は柔らかい布で拭いてあげたり、ドライヤーの弱い風を当てたりしてきちんと乾かしてあげましょう!


ベビーオイルやパウダーは赤ちゃんによってはまれに赤くなる場合がある様です(*_*)
小さい範囲で試して、大丈夫そうだったら使ってみると良いと思います☆

あまりに酷い場合は病院で診てもらって下さい(^^)
クリームなどを処方してくれるそうです☆

暑い季節にオムツ替えの回数も増え大変かとおもいますが、工夫してみて下さい☆★☆

お仕事探し!
今すぐ登録 会員専用ページ

会員ID

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

登録会情報はこちら 保育士くらぶ 官公庁の皆様へ 店舗案内 保育の現場インタビュー 保育の素材缶 保育園用語集 おすすめ保育園幼稚園リンク集 運営会社紹介
人材派遣・人材紹介の
アスカグループ

TEL0120-777-277

(フリーダイヤル)
アスカツイッター 保育求人ガイド アスカグループ 介護求人ガイド グローバル人材の採用 セミナー情報 保育の現場レポート