保育士になるには? 保育士資格(免許)の取り方、合格率、難易度をまとめました

The following two tabs change content below.
保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部です。保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。保育士の皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。

こんにちは!保育士くらぶ編集部です。

保育士くらぶでは、保育士・幼稚園教諭の方のための転職・キャリアノウハウ記事を配信しています。

転職・キャリアについてのご相談や求人情報については同グループが運営する「保育情報どっとこむ」をご覧ください。

例年の「なりたい職業ランキング」では毎年10位以内、また近年では働き方の多様化から共働き世帯が増加し、ますます需要が高まる職業といわれている「保育士」。

この記事では、保育士になる方法、保育士資格の取得方法の比較や、保育士資格を活かせる仕事などについてざっくりとまとめました!

保育士になるにはどうすれば良いの?

①保育士資格(免許)を取得し、保育施設で働く

保育士として、保育園や関連施設で働くためにもっともポピュラーな方法といわれているのは、保育士資格を取得することです。

保育士とは、

専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう。

児童福祉法第18条4項

このように定義されています。

簡単にいうと、保育に関する専門知識・技術をもって、保育園などで働いている人のことです。

保育士資格は、この保育に関する専門知識・技術を体系的に身につけていることを証明するための国家資格です。

②無資格でも保育補助という働き方

保育士資格をもった人のみが、保育園や施設で働いているわけではありません。

「保育補助」という形で、無資格でも保育園で働くことができます。

保育補助として働くことには、

 
① 資格がなくてもすぐ働ける
② シフト制で勤務日時を決めることが多く、時間の融通がきく
③ 残業や持ち帰り業務が少ない

 

などのメリットがあります。

※②と③はパートやアルバイトなど非正規職員として採用された場合

保育士資格をもっていないけれどすぐに保育園で働きたい、まずは実際の保育の現場で働いてみたいという方は、「保育補助」という働き方も検討してみても良いかもしれません。

 関連記事でもっと知る 

保育士資格(免許)をとるメリット

保育補助といった働き方もありますが、長期的な視点からみれば保育士資格をもって働いた方がキャリアアップ、昇給をはじめにメリットが多いことも事実です。

  保育士資格を取得するメリット

・ 正社員で採用されやすい
・ 昇給、キャリアアップに有利
・ 保育、幼児・児童教育への体系的知識が身につく

 

保育士資格(免許)の取得方法は?

保育士資格(免許)の取得方法

「保育士資格」とは、保育士として働く方法についてご紹介しましたが、実際に資格を取るにはどうすればよいのでしょうか。

保育士資格の取得方法は2通りあります。

① 「保育士養成施設」を卒業する

保育士養成施設に認定されている、4年制大学・短期大学・専門学校を卒業すると、同時に保育士資格と幼稚園教諭の資格を取得することができます。

保育士養成施設で指定科目の授業に全て参加し、保育園と児童福祉施設での校外実習に参加し、卒業すると、保育士国家試験の受験が免除されるため、誰でも必ず卒業と同時に保育士資格を取得することができます。

② 「保育士試験」に合格する

保育士養成施設を卒業する以外では、保育士試験を受験し合格する方法があります。

保育士試験は、一般の大学・短期大学を卒業する、児童福祉施設で一定期間以上勤務するなどといった受験資格を満たし、筆記試験と実技試験に合格すると保育士資格が取得できます。

 

保育士試験の受験資格

②の保育士試験を受験する方法を選ぶ場合、保育士試験の受験資格があるかどうかを必ず確認しておきましょう。

保育士試験の受験資格は、最終学歴によって異なります。

保育士試験を受験できるのは、以下の条件を満たしている人です。


・一般の大学、短期大学、専門学校等を卒業していること

もしくは

・高等学校、中等教育学校等を卒業し、
児童福祉施設で 2年以上かつ2,880時間以上勤務していること

もしくは

・義務教育を修了し、
児童福祉施設で5年以上かつ7,200時間以上勤務していること

保育士資格(免許)の具体的な取得方法

前項で、保育士資格の2通りの取得方法についてご紹介しました。

では、具体的にどうすれば保育士資格を取得できるでしょうか。

ここでは、目的別に保育士資格の具体的な取得方法をまとめてみました。

 

 

①確実に保育士資格(免許)を取得したい

保育士養成施設(4年制大学・短期大学・専門学校)に入学し、卒業と同時に保育士資格を取得する

保育士養成施設に認定されている、4年制大学・短期大学・専門学校に入学する方法の一番のメリットは、卒業と同時に保育士資格を取得できることです。

また、学校や学科によっては幼稚園教諭も卒業と同時に取得できる場合もあり、保育業界で長く働きたいと考えている方にはおすすめの方法です。

さらに、4年制大学・短期大学・専門学校の中でも比較すると、それぞれに特徴やメリットがあります。

4年制大学よりも短期大学や専門学校の方が、短期間かつ費用をかけずに卒業できるのが大きな特徴です。

保育士養成施設で卒業と同時に資格をとるメリット
  • 指定の授業と実習を終えれば、必ず保育士資格を取得できる
  • 同時に幼稚園教諭の免許を取得できる学校・学科がある
  • 卒業後の進路について、学校のキャリアサポートを受けることができる

 

 関連記事でもっと知る 

 

②確実に、費用をかけずに保育士資格(免許)をとりたい

保育士養成施設の通信課程に通う

保育士養成施設に認定されている大学や短大には、通信課程がある学校があります。

参考:通信制の指定保育士養成施設の一覧

短大、専門学校の通信課程に入学すると、普通課程と同じく卒業と同時に保育士資格を取得することができます。

また、普通課程で大学・短期大学・専門学校へ通学するよりも学費が安くすみ、基本的には自宅で学習することができます。

保育士養成施設の通信課程に通うメリット
  • 保育士養成施設の普通課程と同じく指定の授業と実習を終えれば、必ず保育士資格を取得できる
  • 費用面の負担が少ない
  • 仕事や学業などと並行して自宅で学習できる

 

 関連記事でもっと知る 

 

③時間をかけずに保育士資格(免許)を取得したい

通信教材や資格取得講座を利用して保育士試験に合格する

ユーキャンやニチイなどの通信教材は、自分のペースで学習ができることが一番のメリットです。

また、通学よりも費用が安くすむことが多い点も働きながら資格取得を目指す方には嬉しいポイントですね。

通信教材などを利用して保育士試験に合格するメリット
  • 講師による採点、動画教材など市販の教材よりも充実した対策ができる
  • 費用面の負担が少ない
  • 仕事や学業などと並行して自宅で学習できる

 

 関連記事でもっと知る 

 

④時間と費用をかけずに、保育士資格(免許)を取得したい

独学で保育士試験に合格する

市販の保育士試験向けの教材を購入し、保育士試験に合格する方法が最もコストをかけずに資格取得する方法です。

また、場所や時間的な制約も受けずに学習できるため、働きながらや子育てをしながら保育士資格を取得したい方はチャレンジしてみてはどうでしょうか。

通信教材などを利用して保育士試験に合格するメリット
  • 費用面の負担が少ない
  • 仕事や学業などと並行して自宅で学習できる

 

 関連記事でもっと知る 

 

保育士試験の概要

独学や通信教材を利用して保育士資格を取る場合、保育士試験の試験内容や難易度が気になりますね。

例年の日程や出題範囲をまとめたので、チェックしてみてください。

保育士試験の日程

保育士試験は、前期と後期で年に2回行われます。
筆記試験と実技試験があり、筆記試験を通過した人のみ実技試験を受験できます。

例年の傾向では、
前期の筆記試験は4月第三週、実技試験は6月第四週です。
後期の筆記試験は10月第三週、実技試験は12月第四週です。

参考:平成31年度(2019年)の日程
  • 前期
    筆記試験 4月20日(土)・4月21日(日)
    実技試験 6月30日(日)
  • 後期
    筆記試験 10月19日(土)・10月20日(日)
    実技試験 12月8日(日)
引用: 受験申請の手引き|一般社団法人全国保育士養成協議会

保育士試験の出題範囲

筆記試験

筆記試験は8教科(実質9科目)を2日間にわけて受験します。

「保育の意義並びに保育の内容及び方法について体系的に理解しているか」を問う問題が、計160問出題されます。

特に、筆記試験は範囲が広いため、長期的な対策が合格の要となります。

出題科目 出題範囲 問題数
保育原理 ・保育の意義
・保育所保育指針における保育の基本
・保育の目標と方法
・保育の思想と歴史的変遷
・保育の現状と課題
20問
教育原理 ・教育の意義、目的及び児童福祉等との関連性
・教育の思想と歴史的変遷
・教育の制度
・教育の実践
・生涯学習社会における教育の現状と課題
10問
社会的養護 ・現代社会における社会的養護の意義と歴史的変遷
・社会的養護と児童家庭福祉
・社会的養護の制度と実施体系
・施設養護の実際
・社会的養護の現状と課題
10問
子ども家庭福祉 ・現代社会における子ども家庭福祉の意義と歴史的変遷
・子どもの人権擁護
・子ども家庭福祉の制度と実施体系
・子ども家庭福祉の現状と課題
・子ども家庭福祉の動向と展望
20問
社会福祉 ・現代社会における社会福祉の意義と歴史的変遷
・社会福祉と児童家庭福祉
・社会福祉の制度と実施体系
・社会福祉における相談援助
・社会福祉における利用者の保護にかかわる仕組み
・社会福祉の動向と課題
20問
保育の心理学 ・保育と心理学
・子どもの発達理解
・人との相互的かかわりと子どもの発達
・生涯発達と初期経験の重要性
・子どもの発達と保育実践
・生活や遊びを通した学びの過程
・保育における発達援助
20問
子どもの保健 ・子どもの健康と保健の意義
・子どもの発育・発達と保健
・子どもの疾病と保育
・子どもの精神保健
・環境及び衛生管理並びに安全管理
・健康及び安全の実施体制
・保健活動の計画及び評価
20問
子どもの食と栄養 ・子どもの健康と食生活の意義
・栄養に関する基本的知識
・子どもの発育・発達と食生活
・食育の基本と内容
・家庭や児童福祉施設における食事と栄養
・特別な配慮を要する子どもの食と栄養
20問
保育実習理論 ・保育実習理論
・保育実習実技
20問

(参考:全国保育士養成協議会保育士試験出題範囲(pdf)

実技試験

実技試験は選択制で、「音楽」「造形」「言語」の3つの分野の中から2つを選択します。

分野を選択するにあたっては、ピアノが苦手だからといって、早々に造形・言語を選んではいけません。

造形は事前の準備ができない、言語は童話などを事前に暗記して3分間読み聞かせをするといった特徴があります。
人によってはピアノよりも絵を書くのが苦手、といった場合もあるかもしれません。

選択科目は自分の得意不得意を見極めて、戦略的に選ぶようにしましょう。

分野 内容 配点
音楽 幼児に歌って聴かせることを想定し、課題曲を弾き歌いする
楽器は、ピアノ、ギター、アコーディオンから選ぶ
50点
造形 45分間で、試験時間内に提示された保育の一場面を絵画で表現する 50点
言語 3分間で、3歳児クラスの子どもにお話をすることを想定し、
課題のお話一つを選択し読み聞かせする
50点

保育士試験の合格率

保育士試験の合格率は、19.7%です。

参考:厚生労働省 保育士試験の実施状況(平成30年度)

実施年ごとに合格率の数値は前後しますが、おおまかに例年20%前後といわれています。

数字でみると範囲の広さ、難易度も高めで狭き門のように感じますが、働きながら独学で受験し合格した人や、全く保育の経験がない学生でも対策次第でパスできた例もあります。

効率的な対策と継続次第では、独学や通信教材で合格を掴み取ることも現実的であるといえます。

保育士資格(免許)の登録方法

保育士資格を取得後は、登録事務処理センターにて保育士登録を行い、保育士証の交付をうけてはじめて、「保育士」として働くことができます。

参考:保育士の登録 – 登録事務処理センター

保育の求人を探すには?

努力の結果、保育士試験に合格した・保育士資格を取得した方は、次にすべきは職場探しですね。

学生の場合であれば、学校のキャリアセンターなど職場探しの相談ができる場所がありますが、保育士への転職や復職の場合、相談できる場所ってすぐに思い浮かびますか?

直接保育施設に応募する前に、保育園の雰囲気や働き方、自分に合った施設を相談するなら、保育士専門転職エージェントがおすすめです。

同グループが運営する「保育情報どっとこむ」国内最大級の保育士専門求人サイトです。

①専門アドバイザーのサポート
元保育士・幼稚園教諭の専門キャリアアドバイザーが多数在籍。
転職時のサポートや勤務後の悩み・相談に丁寧に対応いたします。

②全国対応で職場探しができる
全国13箇所の店舗で、「直接相談する」ことで、ミスマッチが少ない求人マッチング・紹介が可能です。

③独自取材によるきめ細やかな職場情報

キャリアアドバイザーが直接園を訪問し、取材を行っています。
園の雰囲気など保育園の細かな情報を提供することが可能です。
転職・キャリアについて相談したい方は、フォームから会員登録をお願いします♪

ABOUTこの記事をかいた人

保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部です。保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。保育士の皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。