スキルアップを目指す!保育士に有利な資格や研修まとめ

保育士・幼稚園教諭として日々お仕事を頑張っていらっしゃる皆様、こんにちは! 当サイト「保育士くらぶ」と、保育士・幼稚園教諭の方向けの日本最大級求人サイト「保育情報どっとこむ」を運営する弊社アスカグループは、専門のアドバイザーが多くの保育士・幼稚園教諭の方を対象に、20年以上にわたり転職・キャリアサポートを行っています。 保育士くらぶでは、保育士・幼稚園教諭の方にとって役立つ転職・キャリアノウハウ記事を配信しています。 保育士資格以上のスキル? 保育士さんってそれだけで専門職、保育のプロですよね?保育士の資格は国家資格で、簡単に取得できるものでもありません。 最近はその保育士の資格に加えて、それ以外にも保育に役立つスキルを身に付けたいと思う人が多いのだそうです。 今回はそんな保育士さんがスキルアップ・キャリアアップのためにオススメの資格や研修をご紹介します。 聞いたことある!というおなじみのものから、何それ?という変わり種まで徹底リサーチしました。 保育士のスキルアップとは 保育士は国家資格、四年制大学や短大、専門学校などの養成学校を卒業して取得するか、国家試験をパスしなければ手に入りません。保育の現場で働くにはほとんどの場合この保育士の資格が必要です。 ・スキルアップをすべき理由 待機児童問題が深刻化し保育士不足が叫ばれる昨今、保育のスタイル・形態も進化しています。保育の質も高くなり、保育士にも高いスキルが要求されるようになってきました。 そんな風潮を反映してか、いろいろな資格を取得してスキルアップしたいという保育士さんが増えているそうです。 普段の業務のみならず、応用的なことまでできるようになれば、子供たちや保護者からも評判が上がるでしょうし、個性的な園に就職したい場合はアピールポイントにもなることでしょう。 スキルアップのための資格3選 保育士さんのスキルアップに役立つ資格を3つ厳選してご紹介します。 ・絵本専門士 まずは一番人気の絵本専門士です。 国立青少年教育振興機構が認定する民間資格で、絵本に関する高度な知識、技能及び感性を備えた絵本の専門家です。講座受講に必要な条件があり、保育士はこの条件に当てはまるようです。 費用は50,000円で、2ヶ月に1回計5回土・日に講座が開催されます。講座開催場所は東京・国立オリンピック記念青少年総合センターですので、地方の方は受講が難しいかも知れません。  関連記事でもっと知る  保育士が取りたい資格第1位、「絵本専門士」とは?スキルアップを目指すあなたに ・リトミック指導者 続いてはリトミック指導者の資格です。 保育士さんの中にはご存知の方も多い「リトミック」は、スイスの音楽家エミール・ジャック・ダルクローズが開発した子どものための音楽教育の手法です。 資格認定団体はいくつかあり、それぞれカリキュラムや制度が違います。 代表的な団体の公式サイトを4つご紹介します。 特定非営利活動法人リトミック研究センター NPO法人日本子ども教育センター リトピュアリトミック 日本ジャック=ダルクローズ協会 ・運動保育士 最後は、子どもの体力低下や運動への意欲低下が問題視される昨今、注目されている運動保育士です。 運動保育士とは、「柳沢プログラム」に基づいたメソッドを通して子どもたちの健全な心と身体を育む運動遊びのプロフェッショナルです。 「運動遊び実践コース」と「子育て脳機能コース」があり、それぞれに初級・中級・上級のレベルがあります。 運動保育士会こどもプラスが各地で開催している講座を受講することで取得出来ます。  関連記事でもっと知る  どんな資格?求人はある?人気が高まる運動保育士とは 他にも役立つ資格はたくさん! 絵本専門士・リトミック指導者・運動保育士の他にも、保育士さんのスキルアップに役立つ資格はいろいろあります。 ・イングリッシュエキスパート保育士 一般社団法人保育英語検定協会が認定を行っている保育英語検定。保育士資格を持つ人はイングリッシュエキスパート保育士証が発行されます。 グローバル化が進み、外国の子供や保護者と関わることが多くなってくるかもしれません。また、英語教育の低年齢化がすすめられている時代です。保育現場もこれからは英語が必要になってくるでしょう。  関連記事でもっと知る  保育士に英語力は必要?「幼児英語教育」の現在と将来、おすすめ英語資格3選 ・認定病児保育スペシャリスト 病期やケガなど体調不良の子どもに対応できるスキルを身に付ける「認定病児保育スペシャリスト」の資格は、保育の現場で必ず役に立つはずです。 一般財団法人日本病児保育協会が開くWeb講座を受講し、1次試験>実習>認定試験を経て取得可能です。  関連記事でもっと知る  病児保育士になるには?資格や給料、求人情報を詳しく解説 ・ベビーサイン講師 まだ喋れない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションを取る「ベビーサイン」を教える講師の資格です。 一般社団法人日本ベビーサイン協会が開催する講座を受講し、試験に合格すると取得できます。 ・ベビーマッサージ ベビーマッサージとはその名の通り、赤ちゃんをやさしくマッサージすることでスキンシップを図ることです。いくつかの民間団体が資格を発行しているので、インストラクターとして教室を開くことも可能です。 ・チャイルドマインダー いわゆる「家庭的・少人数保育のスペシャリスト」の民間資格です。保育士より簡単に取得できるようですが、「少人数」との親密な関わり方を学ぶには良いのではないでしょうか?  関連記事でもっと知る  チャイルドマインダーと保育士の違いとは?資格・収入・求人を比べてみました 公的機関も応援!どんな支援・研修がある? 公的機関でも保育士さんのスキルアップやキャリアアップを応援しています。 東京都は、国からの処遇改善手当とは別に「保育士等キャリアアップ補助金」を交付、保育士さんのキャリアアップを促進する狙いがあるようです。 厚生労働省は、「保育士のキャリアパスに係る研修体系等の構築に向けて」というシンポジウムを開催しました。 これは現場で働く保育士さんのスキルアップのための研修を将来的に活発化しようという取り組みです。 まだまだ具体的な開催などは未定ですが、厚生労働省が保育人材の確保に向けた取り組みを本格化させる第一歩でしょうか? 保育士の資格についてのまとめ 以上、保育士さんのスキルアップについてご紹介しました。 保育のプロフェッショナルとしてさらなるスキルアップを目指していろいろな資格を取得することは、保育士としてのキャリアアップにもつながると思います。 保育士さんもマルチプレーヤーの時代ですね! ...
2019年1月30日0 DownloadsDownload