インフルエンザが流行りだしたらどうする?保育園・幼稚園が今すぐ取れる対策&予防策

The following two tabs change content below.
保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部です。保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。保育士の皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。

保育士・幼稚園教諭として日々お仕事を頑張っていらっしゃる皆様、こんにちは!

当サイト「保育士くらぶ」と、保育士・幼稚園教諭の方向けの日本最大級求人サイト「保育情報どっとこむ」を運営する弊社アスカグループは、専門のアドバイザーが多くの保育士・幼稚園教諭の方を対象に、20年以上にわたり転職・キャリアサポートを行っています。

保育士くらぶでは、保育士・幼稚園教諭の先生方にとって役立つ転職・キャリアノウハウ記事を配信しています。

インフルエンザが流行りだした!!

熱を出した赤ちゃんのイラスト

毎年必ず流行するインフルエンザ

非常に感染力が強く、毎年11月頃から感染が始まり、1~3月が感染のピークといわれています。

またインフルエンザウイルスは毎年形を変えて、A型・B型と私たちを様々な症状で襲ってきます。

ここではインフルエンザと風邪の症状の違い、流行りだす前の予防策から、流行りだした後の園での対応策までたっぷりとご紹介いたします。

園内で感染を拡大させないためにも、また自分自身が感染しないためにも、しっかりと対策を練っていきましょう!!

インフルエンザの症状は?

寒気・悪寒のイラスト

 インフルエンザは約1日~3日の潜伏期間の後、発症します。

  1. 38度以上の突然の高熱
  2. 全身の倦怠感・悪寒
  3. 頭痛・関節痛・筋肉痛など
  4. 食欲不振

発症してからの1日から3日間は、上記のような全身症状が表れます。そして熱が治まってくる3日目以降には次のような呼吸器症状が多くみられます。

  1. 鼻水・鼻づまり
  2. のどの痛み
  3. 痰が絡む激しい咳

場合によっては、消化機能の低下によって腹痛や吐き気を訴えることもあります。

インフルエンザと風邪、なにが違うの?

風邪は1年を通してかかる可能性があるものです。症状は、

  • 37度程度の微熱から38度前後の発熱
  • くしゃみやのどの痛み、咳
  • 食欲不振

子供の発熱のイラスト

などが挙げられます。比較的軽度なものが多く、症状が緩やかに表れるのが特徴です。

それに対しインフルエンザは、症状が表れるのが急激であることが特徴的で、(体調悪いな…)と思ってから一気に症状が進みます。

また、風邪は上気道症状に対しインフルエンザは全身症状なので、表れる症状もとても多いです。

子供は特に、こじらせると肺炎や熱痙攣インフルエンザ脳症など合併症の危険性が高まるので注意が必要です。


園内でもインフルが流行りだしたら?

どんなに気をつけていても、園内で誰一人感染しないというのはきっと不可能でしょう。

園内でインフルエンザが流行りだしたときに、保育園・幼稚園はどのような対策をとればいいのでしょうか?

予防対策を今まで以上に強化するだけでなく、さらなる感染拡大を防ぐための方法をお教えします!

毎朝子どもたちの体温を測ろう!

検温のイラスト(女性)インフルエンザが本格的に猛威を奮いはじめ、園内でも感染者が増えてきたら、これ以上感染が拡大しないよう早めに次の対策をとりましょう。そのひとつは「検温」です。

毎朝登園する前登園後降園前に検温するようにしましょう。インフルエンザは最初にも述べたように、急激に症状が進行するのが特徴です。朝の時点でいつもより少し体温が高かったり、日中に熱が出始める可能性も十分考えられます。子どもは大人と違い、自分の体調の変化に気づきにくく、それをうまく伝えることがでれんらく帳のイラストきません。いつもより体温が高かった子どもにはいつも以上に様子をよく観察し、感染の可能性を感じたら別室で保育するなど、ほかの園児との接触を防ぐことが重要です。

また、先生方全員で子供たちの体調に関する情報を共有したり、保護者の方とも連絡ノートなどでお子さんのその日の体調のようすを詳しく書くようにするなど、先生と保護者同士の子どもの体調管理も大事なことです。

ほけんだよりを配布しよう!!

ヤギの郵便屋のイラスト

子どもたちや保護者のかたにインフルエンザ予防の正しい知識を知ってもらうためにも、「ほけんだより」を作って配布することをおすすめします。

インフルエンザが流行する前は予防接種実施の依頼、手洗い・うがいの徹底につアルコール消毒剤を使う人のイラストいて、本格的に流行が始まったら検温の開始、咳エチケットを守る、マスク装着のお願いなど、それぞれのインフルエンザに関する時期に合わせて作るといいでしょう。

問診のイラスト(男の子)配るだけでなく園内にも掲示をするようにしたり、インフルエンザに関する情報をみんなで共有すると更に◎

園の近くで、遅くまでやっている小児科などをリストアップしてほけんだよりに載せたら、帰りに寄ってワクチンを受けてもらえる確率もあがるかもしれません。そういう面でも、ほけんだよりを有効活用していけるといいですね!

園内の衛生管理を強化しよう!

本格的に流行り始めると、いつ・どこで・誰が感染しているのかわかりません。なので、今まで以上に園内の衛生管理を強化する必要があります。


  • ドアノブや手すり、床など水拭きした後アルコール消毒を行い、殺菌・消毒を徹底して行う。マスクと手袋をして床を掃除している人のイラスト
  • 子どもたちが使った遊具や、口に入れたり舐めた可能性のあるおもちゃに関しては、熱湯消毒のあと干す可能であれば、アルコール消毒もする。
  • 午前と午後で使うおもちゃを変える
  • 子どもたちがしているマスクも、午前と午後で取り換える
  • 手洗い・うがいの際に使うタオルは必ず一人ひとり持参してもらい、友達同士で貸し借りすることのないようにする。

このように、園内での衛生管理をより強化することで感染拡大を防いでいきましょう!

出席停止期間てどれぐらい?登園基準は?

ドクターストップのイラスト

万が一インフルエンザにかかってしまった場合、気になるのは出席停止期間と、感染後の登園基準でしょう。

保護者の方に聞かれることもあると思いますので、今一度しっかり把握しておきましょう!

発症してから5日経過していること 解熱してから3日経過していること

「発症した後5日を経過」且つ「解熱した後3日を経過するまで」とは、最低「発症した後5日を経過」するまでが出席停止期間となります。
それに加えて解熱した日によって出席停止期間は延期することがあります。
(発症後4日目以降に解熱した場合は、出席停止の期間が延期されていきます)

発症日(当日0日目)は病院に受診した日ではなく、インフルエンザの症状(38度程度の発熱等)が始まった日となります。
そのため、病院受診時に医師に発症日を相談・確認することが必要です。

乳幼児は免疫機能がまだ未熟なため、ウイルスの増殖期間が長いと言われているのと、保育園は学級閉鎖が出来ないこともあり、長めに設定されています。

インフルエンザの出席停止期間について


インフルエンザに感染しないためにできること

保健室の先生のイラスト

インフルエンザは非常に感染力の強いものですが、適切な予防策をとれば防ぐことができます。

園での感染経路として、飛沫感染接触感染空気感染経口感染などがあります。咳やくしゃみを通して感染するだけでなく、子どもたちや先生方は距離が近く、一日中同じ空間で一緒に歌をうたったり同じおもちゃで遊んだりするため、飛沫感染・接触感染のリスクはかなり上がります。

また、乳児の場合免疫力が弱いため感染症にかかりやすいだけでなく、はいはいで移動し、手に触れたものをなんでも舐めるなどの特徴もあるため、経口感染の可能性も高まります。

保育園や幼稚園のような集団生活施設では、子どもだけでなく大人も知らない間に感染している可能性も否めません。そのため、子どもだけでなく先生方の体調管理も徹底して行うようにしましょう。

少しでも感染拡大を防止するためにも、正しい予防方法を知っておきましょう!

咳エチケットの徹底!!

咳エチケットとは、インフルエンザ等の感染症を防ぐための咳やくしゃみをするときのエチケットのことです。職員だけではなく、園児にも咳エチケットを指導しましょう。
咳・くしゃみをするときはティッシュで口と鼻を覆い一度使ったら捨てるようにします。
ティッシュが無い場合にも、手で受け止めることの無いように、服の袖で受けるようにしましょう。

また、咳が出ていなくても流行シーズンに入ったら職員・園児ともに全員がマスクをするように呼びかけましょう。
ここで注意することは、柄物のマスクなどかわいい子供用のマスクを園児がしている場合、園児同士で交換することが無いように注意しましょう。

正しい手洗い・うがい指導

■子どものなかには上手に石鹸を泡立てられなかったり、しっかり洗い切らないまま済ませてしまう子もいます。

先ほども述べたように、子ども同士はとても距離が近いです。手洗い・うがいの重要性を子供たちに伝えるためにも、歌をうたいながら手を洗うようにするなどして、手洗い・うがいの時間も子どもたちが楽しめる時間になるよう工夫をするといいでしょう。登園後・お手洗いの後・外遊びの後・食事の前・おやつの前、などで表を作成し、手洗い・うがいを忘れずに出来たらシールを貼るようにするのもいいかもいれません。

手洗いのあとアルコール消毒もできると更にいいと思いますが、子どもによってはアルコールに体が強い反応を起こす子もいますので慎重に行ってください。

正しい手洗いを楽しく学べる動画コンテンツなどもあるので、こういったものも活用するといいかもしれませんね!

 

予防接種を積極的に受けよう!!

注射を受ける女の子のイラスト

 予防接種は生後6か月以上~13歳未満までは2回ずつ接種することになっています。これは、子どもの場合1回の接種だけでは十分な免疫ができないからです。また、重症化を防ぐのに必要なだけの免疫ができるのには、2回目を接種後2週間ほど経ってからだそうです。

インフルエンザは12月ごろから本格的に流行が始まるため、11月には予防接種を済ませておきましょう

椅子に座るお医者さんのイラスト(男性)しかし、予防接種を打ったからといって100パーセントかからないわけではありません。3歳未満の子どもにはワクチンの効果があまり期待できず、接種してもそれ以上の子どもよりかかる確率は高いというデータも出ています。それでも、インフルエンザは小さな子どもがかかると肺炎などの合併症を引き起こしやすいです。重症化を防ぐためにも、インフルエンザワクチンの接種をおすすめします。

園内を適切な室温・湿度で保とう!

エアコンの温度を調整している男性のイラスト(節電)インフルエンザがなぜ冬に流行するのかというと、インフルエンザウイルスは寒冷乾燥を好み、高温多湿を嫌うウイルスだからです。

意外にもこの「適切な室温湿度を保つ」というのは大切なことで、室温20度以上湿度50~60%で空気中での感染力が大幅に下がるそうです。しかし70%を超えてしまうと逆にウイルスが活性化してしまうので、園内の各部屋(子供たちが過ごす教室には特に)に温湿度計を置き、加湿器で適切な湿度を保つようにするといいでしょう。加湿器を使用する際は、毎日水を交換することも忘れずに!加湿器のイラスト

冬場はただでさえ乾燥しやすい季節なのに加えて、暖房なども使用するため知らず知らずのうちに乾燥しがちです。もしどの部屋にも加湿器を置くというのが難しい場合には、バスタオルやフェイスタオルなどを濡らしてハンガーに掛け、部屋に掛けておくだけでも随分と改善されます。ぜひ実践してみてください!

また、定期的に窓を開け換気をして空気を入れ替えることも大切です。

寒いかもしれませんが、子どもたちが外遊びをしているタイミングなどを狙って換気をすることも忘れないようにしましょう。

まとめ

インフルエンザは毎年形を変えて私たちに襲い掛かってきます。大人でもかかると辛いのに、体の小さな子どもにとってはかなりの苦痛でしょう。合併症のリスクも高く、誰でも危険な状態になり得る実はとっても怖い感染症です。

保育園や幼稚園は免疫機能がまだ成熟していない子どもたちが集まっていて、感染する可能性がかなり高い場所です。

先生たちが正しい知識をしっかり持ち、流行が始まる前から、始まってから、感染拡大を防げるようきちんと準備をして、冬を乗り切りましょう!!!


同グループが運営する「保育情報どっとこむ」国内最大級の保育士専門求人サイトです。

①専門アドバイザーのサポート
元保育士・幼稚園教諭の専門キャリアアドバイザーが多数在籍。
転職時のサポートや勤務後の悩み・相談に丁寧に対応いたします。

②全国対応で職場探しができる
全国13箇所の店舗で、「直接相談する」ことで、ミスマッチが少ない求人マッチング・紹介が可能です。

③独自取材によるきめ細やかな職場情報

キャリアアドバイザーが直接園を訪問し、取材を行っています。
園の雰囲気など保育園の細かな情報を提供することが可能です。
転職・キャリアについて相談したい方は、フォームから会員登録をお願いします♪