保育士に人気の「企業内保育所」とは?保育の特徴や給料、求人について

The following two tabs change content below.
保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部です。保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。保育士の皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。

こんにちは!保育士くらぶ編集部です。

保育士くらぶでは、保育現場で明日から使える最新トピックや保育士さんの転職、キャリアをサポートするコンテンツをおとどけしています。

求人情報や転職・キャリアのご相談は同グループが運営する「保育求人ガイド」をご覧ください。

「企業内保育所」とは?

産後のお母さんが早く仕事復帰できるように、また仕事をしながら育児をすることができるようにと企業側で用意した保育所のことを企業内保育所(事業所内保育所)と言います。

企業内やその近隣に用意されているので、女性からすれば、そういった施設がある企業というのは働きやすいと感じるでしょう。

今回はこの、企業内保育所についてリサーチしました。転職をお考えの保育士さん、保育士復帰を希望する休職中の人、保育士を志望する未経験の方は是非ご一読ください。

 関連記事でもっと知る 

企業内保育所設置の目的

企業内保育所を企業側が用意するということは、今働いている女性従業員の為というだけではありません。

子供がいても安心して働けるようになることで、会社への満足度も増し会社への貢献の度合いも高まるでしょうし、求人をかけた際のイメージアップにも繋がるため、優秀な人材を確保できるといったメリットもあります。

今、待機児童問題で働きたいのに働けない女性がたくさんいることがクローズアップされています。女性が働ける環境を作ってあげることも日本を背負って立つ企業の使命という風に考えられるようになりました。

その企業内保育所は、2015年4月に施行された「子ども子育て支援新制度」の認可保育所等~地域型保育事業~事業所内保育事業に分類されていましたが、平成28年度からスタートした新制度で「企業主導型保育事業」が加わりました。

この企業主導型保育事業は認可外保育所に分類され、自治体を通さずに助成金が出る新しいカテゴリーの施設です。

企業内保育所の設置形態

事業所内保育所は設置形態からいくつかの種類に分類されます。

  • 単独設置型
    ひとつの企業が、自社の従業員の子どものみを対象に設置・運営する施設
  • 地域開放型
    単一企業が設置・運営し、自社の従業員の子どもと地域の児童を対象にする施設
  • 共同型
  1. 代表企業型…単一企業が設置・運営する施設を近隣やグループ企業で共同利用する
  2. フラット型…複数の企業で費用を負担し設置・運営する施設で、運営のために別組織を立ち上げる場合もある。

企業内保育所ならではの特徴

変動しやすいスケジュール

一般の保育園は開設時間が決められていて、よほどのことがない限り保育時間が変わることはありません。

それに対して企業内保育所、特に自社の従業員のみを対象にしている施設では、その企業の勤務時間やスケジュールに合わせて運営しているため、保育所間や開設時間が流動的になってしまう場合もあるようです。

給料が景気に左右される可能性

認可保育園、特に社会福祉法人経営の施設などは運営が行き詰まって破たんするといったことがほぼありません。株式会社が経営する施設でも認可保育園であれば、そのリスクは少ないと思われます。

しかし、企業主導型の企業内保育所の場合、運営母体である企業の経営が景気などによってうまくいかなくなった時に、企業内保育所が閉鎖されて職を失うということも考えられます。

企業内保育所で働く保育士の仕事内容や給料

企業内保育所の保育士さんたちの仕事内容は、一般的な保育園で働く保育士さんと大きな差はありません。ただし、一般的な保育園に比べると小規模な場所が多いため、子どもたちひとりひとりとじっくり関わることができます。

実際に求人を比べてみると、企業内保育士の給与は施設によってかなりの差があります。何故にこんなに違いがあるのでしょうか?

それは、施設を運営する企業の規模によって給料は左右されるからです。従業員数が少ないところであれば、派遣やパート、アルバイト等、比較的様々な勤務形態を選べることも多いです。

こういった施設はどうしても、開業するために莫大な資金がかかること、また預ける児童が定員に対して不足しているところがほとんどなので収益が出ません。そこを経営者が投資として考えられるかどうかによっても変わってきますが、総じて給料が低くなります。

・大企業だと待遇が良い…?

しかし大企業ともなると、保育士も他の社員と同じ水準の給料をもらえることがあります。(その地域の保育士の給料の相場まで合わせる場合もあるかもしれませんが…)ある企業での社員の平均年収が600万くらい、それと同じくらい保育士として給料をもらえる所も無くはありません。

こういったところは当然福利厚生が充実しています。様々な手当が付く上、定時を過ぎれば残業代がきちんと付くところが多いです。ただ競争率は相当高くなりますから、簡単に転職できるとは考えない方が無難です。

 関連記事でもっと知る 

企業内保育所の求人例

それでは、実際にどのくらいの給料がもらえるのかを知っていただくために、企業内保育所の求人例をいくつかご紹介します。

  • メリーズガーデン(花王)/ポピンズが運営
    月給191,300円~230,000円/通勤手当/住宅手当/昇給あり/育休・産休・介護休暇制度/週休2日
  • 楽天ゴールデンキッズ(楽天)/ポピンズが運営
    月給201,700円~/楽天社員と同等の福利厚生/社員食堂(朝・昼・夕)無料
  • バジリッコ保育園(ヱスビー食品)/日本福祉総合研究所運営
    月給200,000円~300,000円/通勤・住宅・残業他諸手当あり/実働週40時間/退職金・育児休暇あり
  • 東京都港区・外資系企業内保育所
    月給208,560円~/通勤・家族・残業・住居など諸手当あり/賞与年2回/昇給あり/年間休日125日
  • すみかキッズとうきょう(住友化学)/ポピンズ運営
    月給190,000円~/通勤・調整手当あり/退職金・育児休暇・介護休職制度あり/週休2日/実働8時間

・無資格可能な求人もある?

企業内保育所は企業内や近隣で企業側が用意した託児施設となるわけですが、企業側はその施設を用意しているだけで、実際には外部委託している場合がほとんどです。この場合、その保育所は法律上、「認可外保育所」として分類されます。

認可外保育所といっても、国や自治体から運営のための助成を受けていて、実はこういった認可外保育所では園児の人数に対する保育士資格者の必要人数が決まっていない為、保育士資格を持っていなくても働けることが多いのです。

これから保育士を目指したい、保育士の資格は持っていないけれど、子供に携わる仕事がしたい方はこういった認可外の企業内保育所の求人を探してみると良いでしょう。

 関連記事でもっと知る 

企業内保育所のメリット

普通の保育園と比べたら何がいいのでしょうか?企業内保育所で働くメリットをいくつかご紹介します。

  • 労働環境が良い
    施設によりますが、少人数のところが多いので比較的ゆったりと保育出来るようです。企業内保育所の場合、働いている保護者たちが同時に休みを取るのが難しいということもあり、行事やイベントも少ないところが多いため、残業や持ち帰り仕事も発生しにくく、体力的にも楽だと言われています。
  • 給与や待遇が有利
    一般の保育園と比べると、給与や休日、福利厚生といった待遇面は優遇されている施設が多いようです。運営母体である企業の規模が大きいほど、そういった傾向が強いようです。
  • 人間関係のトラブルが少ない
    比較的小規模な施設が多いため、職員の派閥などが出来にくいので保育士同士の人間関係は良好なことが多いようです。

保護者も同じ企業の従業員がほとんどなので、理不尽なクレームなどは少ないのではないでしょうか?

 関連記事でもっと知る 

企業内保育所のデメリット

逆に、企業内保育所に勤務するうえで、デメリットと思えることをご紹介します。通常の保育園とどう異なるかがポイントです。

  • 物足りない
    一般の認可保育園などから転職した人は、保育内容などに物足りなさを感じるかも知れません。行事やイベントも少なく、新しい保育への取り組みといったこともあまりないようなので、保育にこだわりのある保育士さんには「ぬるい」と見えてしまうかも…
  • 保育環境不足
    企業内保育所はあくまでも社員の福利厚生です。保育を優先につくられた施設ではないため、保育室や遊具などにあまりお金をかけていないところも多いようです。利益を追求する企業だからこそ、可能な限りコスト削減が行われるのは仕方ないのかも知れません。
  • 企業の業績次第
    企業内保育所の運営状況は赤字のところが多いそうです。あくまでも福利厚生なので、利益を生む必要はないのかも知れませんが、企業自体の業績が悪化した場合、企業内保育所が閉鎖される可能性もあります。

理想に近い企業内保育所の求人を探すために

倍率が高く、転職は難しい

大企業の企業内保育所は年収も高く、福利厚生もしっかりしているので、物凄く倍率が高いです。お住まいの地域で、探せばすぐに出てくるというわけではないこと、そして求人を出せばあっという間に応募が殺到して、すぐに採用が決まってしまうので、根気強く探し、求人が出てくるのを探すしかありません。

求人探しのコツ

また、高収入な案件が比較的首都圏に偏っています。それは大企業が首都圏に集中しているからです。

こういった案件を探したいときにおすすめなのは、転職エージェントを活用することです。無料で利用でき、自分の情報を登録しておけば、条件に合った職場が出た場合にプロのアドバイザーが連絡してくれるので大変便利です。とにかく、転職を手助けしてくれる制度が充実しています。

このページからも保育士さん向けに完全無料・プロのアドバイザーのサポート付きの転職相談を受け付けておりますので、キャリアや就職にお困りの方は、ぜひお気軽にこちらをご利用ください。↓

人気の企業内保育所についての記事、いかがでしたでしょうか?

待遇もよく労働環境も恵まれている企業内保育所、転職を検討される際には有力な候補になるかも知れませんね。

保育士くらぶ公式LINE

友だち追加すると、日常保育で明日から使えるトピックの配信や求人情報、転職に関するお問い合わせができます。

 

友だち追加

保育士・幼稚園教諭の就職・転職サポート事業を行うアスカグループが運営する「保育求人ガイド」国内最大級の保育専門求人サイトです。

「保育求人ガイド」のサービス詳細は以下よりご確認いただけます。

コメントを残す