【幼児英語教室】保育士資格は有利?必要な英語スキルの基準や求人について

The following two tabs change content below.
保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部

保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。明日から使える最新保育トピックや保育士さんの転職、キャリアをサポートするコンテンツをおとどけしています。 求人情報や転職のご相談は同グループが運営する「保育求人ガイド」をご覧ください。https://hoikukyuujin.com/

保育士・幼稚園教諭として日々お仕事を頑張っていらっしゃる皆様、こんにちは!

当サイト「保育士くらぶ」と、保育士・幼稚園教諭の方向けの日本最大級求人サイト「保育情報どっとこむ」を運営する弊社アスカグループは、専門のアドバイザーが多くの保育士・幼稚園教諭の方を対象に、20年以上にわたり転職・キャリアサポートを行っています。

保育士くらぶでは、保育士・幼稚園教諭の先生方にとって役立つ転職・キャリアノウハウ記事を配信しています。

小さい時から英語に触れる時代

小学校でも英語の授業を実施することになりましたね。幼稚園や保育園でも、幼児期から英語に慣れ親しむ機会をつくる園が増えています。

世界共通語の英語は喋れて損をすることはありません。子どもたちの未来の選択肢を広げるきっかけにもなります。未来を担う子どもたちに英語を教える幼児英語教室。ここでは、幼児英語教室のお仕事についてご紹介します。

 関連記事でもっと知る 

幼児英語教育のメリットとデメリット

このように現在保護者の間でも人気の高まっている幼児英語教育については賛否両論があります。具体的にメリットとデメリットをまとめてみました。

◎メリット
  • 知識を吸収しやすい幼児期から英語に触れることができる
  • 遊びの中で楽しく英語を学習できる
  • 英語認知度やリスニング力を向上させることができる
  • 多文化、異文化への理解が深まる
  • ◎デメリット
  • 母国語である日本語の習得が遅れてしまう可能性がある
  • 英語教育を強要され、かえって英語嫌いになってしまう恐れがある
  • 通常の保育園や幼稚園に比べて費用がかかる
  • 幼児英語教室の仕事内容は?

    英語の音読のイラスト

    英語教室なのでもちろん英語を教えるわけですが、幼児向けの英語教室はそこに保育園や幼稚園の要素が加わります。

    ただ英語を教えるのではなく、いかに子どもたちが楽しく勉強してくれるかがカギになるので、保育士や幼稚園教諭の保育スキルが活きてくるのだと思います。

    具体的な授業内容は、その教室のシステムによっていろいろです。代表的な幼児英語教室の授業内容を簡単にご紹介します。

    • 歌やダンスを通して楽しく英語に触れる
    • 簡単なゲームや読み聞かせなど、教材を使って子どもを飽きさせないように授業を進める
    • カリキュラムに沿って各人のレベルに合わせた英語力の習得を目指す
    • クリスマスやハロウィンなど、イベントを通じて英語を身近に感じる

    といったことが重視されています。もちろん、本来の英語を教えるという業務以外に、イベントなどの準備や手作りの教材(紙芝居やフリップなど)の作成、さらに業務報告や生徒との連絡帳などの書類作成といった雑務も必須です。

    これは、保育士や幼稚園の先生たちのお仕事とかなり似ていますね。


    どうすれば幼児英語教室で働くことが出来るの?

    幼児教室の先生になるのに必要な資格は、明確には定められていません。無資格、無経験でもチャレンジできます。

    しかし、英語教室となれば違ってきます。日常英会話ができればいいところから、TOEIC730点以上のスコアが求められるところなど、規定は様々です。

    また、発音についても厳しくチェックされるところもあります。英語力は高ければ高いほど良いということがいえます。

    一部の英語教室などは、保育士資格や幼稚園教諭免許を持った人のみ募集することもあるようですが、大手の幼児英語教室の求人では保育士・幼稚園教諭を指定しての求人はなく、未経験の方歓迎!といった求人がかなり多いようです。

    保育士・幼稚園教諭の資格は有利?

    本格的に英語を学ぶ大人の英語教室と違って、幼児英語教室ではいかに楽しく学ばせるかがカギになります。

    そこで、子どもの扱いに関してはいわば「プロ」と言える保育士や幼稚園教諭がその本領を発揮できるのかも知れませんね。

    保育士・幼稚園教諭の資格が必須とする幼児英語教室はあまり多くありませんが、書類選考や面接時に有資格者だということは有利に働くのではないでしょうか?

    面接のときなどに、「子どもの心をつかむことが得意だ」と保育スキルをアピール出来たらいいですね。


    役立つ英語の資格の種類

    英語のライティングのイラスト

    幼児英語教室で働きたいとなったら、英語の資格を持っていて損はありません。

    そこで、幼児英語教室教師として働く際に役立つ資格をいくつかご紹介します。

    資格取得を考えている方や、キャリアアップしたい!という方はぜひ参考にして見てください!

    ・英語検定

    日本英語検定が主催する信頼性の高い英語資格の一つです。

    2級以上であれば有利になります。準一級・一級は難易度もかなり高いので、十分アピールポイントになること、間違いなしです!

    ・TOEIC

    世界共通の英語資格の一つです。

    英語検定のように合否で結果が決まるのではなく、スコアによる評価であるのが特徴です。TOEICはビジネスシーンでも有効な資格となっています。

    ・幼児教育・保育英語検定(幼保英検)

    幼児教育・保育英語検定は、一般社団法人幼児教育・保育英語検定協会が行う民間の認定試験です。

    元々は『保育英語検定』と呼ばれていましたが、幼児教育的要素を加味して、2019年度より名称が変更されました。旧保育英語検定の資格保有者を『イングリッシュエキスパート保育士』と呼んでいたのに対し、新しい資格保有者は『幼保英語士』と呼ばれています。

    幼保英検は子ども達や保護者の方々との英語によるコミュニケーション力を習得し、グローバル化に対応できる幼稚園教諭・保育士の養成を目指す検定試験です。他の英語検定では学ぶことができない、赤ちゃん言葉・幼児言葉に焦点を当てており、幼児保育・幼児教育現場に即した英語を学べることが大きな特色です

    幼児英語教室で働くことのメリット

    幼児英語教室のスタッフとして働くことのメリットとはなんでしょうか?

    英語教室で働く場合、資格認定試験や研修を受ければすぐに始められますし、普通に保育園や幼稚園で働くよりも、英語という特技が活かせるのがメリットです。

    保育園で子どもたちのお世話をするには、かなり体力を必要としますが、幼児英語教室ではそこまで大変ではありません。また、保育園ほど保護者対応に苦慮することもありません

    なにより、かわいい子どもたちに英語を教える楽しさこそが最大のメリットではないでしょうか?

    幼児英語教室で働くことのデメリット

    逆に幼児英語教室で働くことのデメリットとは?

    ある程度の英語力が必要なのは言うまでもありませんが、ティーチングスキルも必須だといわれます。

    幼稚園では多少必要ですが、保育士の場合には何かを教えるという作業はあまり発生しませんので、教える技術を習得しなければいけないのはちょっと大変かもしれません。

    他にも、正社員で働く場合にはノルマがあったり、サービス残業が多かったりといった弊害もあるようです。

    パートやアルバイトの非正規雇用の場合には、授業以外の時間の雑用などが多く、実働時間当たりの時給はかなり低くなってしまう…といったこともあるという経験者もいらっしゃいました。

    幼児英語教室で働くために英語力をみがくには?

    保育に特化したオンライン英語「5star バイリンガル保育士養成センター」

    5star バイリンガル保育士養成センター

    5starバイリンガル保育士養成センターは実際に保育施設を運営しているリノヴェグループが提供する保育に特化したオンラインレッスンです。5starバイリンガル保育士養成センターの特徴はリノヴェがバイリンガル保育園を運営する中で培った保育現場で使える英語を学べることでしょう。オンラインでのレッスンなので場所や時間を選ばず受講できるのも魅力ですね。外国人の家庭が増加し、保護者が外国人というケースでも5starバイリンガル保育士養成センターのレッスンは活かせることでしょう。

    ECC外語学院でレッスンを受ける


    英会話スクール「ECC外語学院」

    ECC外語学院の英会話レッスンは英会話のビギナーから上級者まで様々なレベルに合わせてレッスンをコーディネートしてくれます。「幼児英語教室で働くために英会話を身に付けたい。」なんていうオーダーにも応えてくれます。スクールも東北から九州まであらゆるエリアにあるため通いやすい英会話スクールでしょう。今なら入会金22,000円オフのキャンペーンがあります。無料体験もあるのでまずはECC英会話に行ってみるのはいかがでしょうか?

    ECC外語学院はコチラ

    オンライン学習なら学研のKiminiオンライン

    学研 Kiminiオンライン

    学習教材でおなじみな学研のオンライン英会話レッスンのKiminiオンライン。スタンダードプランが月額2,980円からとリーズナブルです。オンラインで学習できるのでスクールに通う手間がないので忙しい保育士さんにピッタリです。また、PCを持っていなくてもスマホやタブレットから気軽にレッスンを受けることが出来るのもKiminiオンラインの特徴です。10日間無料のお試しキャンペーンもあるので一度体験してみるのはいかがでしょうか?

    学研のKiminiオンライン英会話はコチラ

    ネイティブレベルの発音が身につくハミングバード


    英語発音矯正スクール【ハミングバード】

    ちょっとだけ英語は出来るけど、幼児英語教室で働くほど発音に自信がないな、、、なんていう保育士さんにピッタリなのがハミングバードです。ハミングバードでは現在の発音をチェックしてネイティブの発音とどこが違うのか?現在の発音で良いところや矯正するべきところはどこなのかをカウンセラーがきめ細やかに教えてくれます。幼児英語教室ではネイティブスピーカーの外国人の先生と働くこともあります。授業に対するコミュニケーションや日常の英会話でも自信が付きます。

    英語発音矯正スクール【ハミングバード】はコチラ

    TOEICのスコアを上げたいならスタディサプリENGLISH

    リクルート スタディサプリENGLISH

    リクルートのスタディサプリENGLISHの 『TOEIC(R)対策 パーソナルコーチプラン』はアプリ内で担当コーチが目標に向かって徹底的にサポートしてくれます。アプリなので通勤中や帰宅後に学習できるので保育士として働きながら学習することもできます。『TOEIC(R)対策 パーソナルコーチプラン』では2か月間でTOEICのスコア200点アップも夢ではありません。幼児英語教室の求人の中にはTOEICのスコアを求人条件にしている園も珍しくありません。『TOEIC(R)対策 パーソナルコーチプラン』はリクルートが運営してるのも安心ですね。

    もうひとりで頑張らない。TOEICオンラインコーチスタディサプリENGLISHはコチラ

    幼児英語教室の求人・給料は?

    では、幼児英語教室の求人は、どのような内容になっているのでしょうか?

    まず、求人情報は各教室のホームページや求人情報サイトなどから探すことができます。年収の相場は平均327万円ほどで、月収は22~32万円ほどなります。

    これは、正規社員で働いた場合ですが、アルバイト・パートの場合は、時給平均900~1,500円ほどのところが多いようです。

    実際にレッスンをするのか講師の補助に付くのかで、お給料はもちろん違います。

    幼児教室はアルバイト・パートの求人が比較的多いように思います。そして、幼児対象のお仕事なので勤務時間が短く、子育て経験がある主婦の方に大変人気の求人となっているようです。

     関連記事でもっと知る 

    今、注目幼児英語教室と求人をチェック!

    それでは、大手幼児英語教室を具体的な求人例を挙げていくつかご紹介します。

    こども英会話のミネルヴァ

    • 親と子供のような関係性のもとで自然と学ぶ
    • 身体を動かす、ゲームで学ぶなど、子どもたちが楽しみながら単語、文法、構文を身につける
    • 全国約400教室
    • お子様との相性を確認し、1ヶ月以内の退会時には全額返金

    【求人例】

    • 東京都 契約社員
    • 月給168,000円/未経験OK/交通費支給/昇給・社員登用あり

    ・ベネッセこども英語教室

    • 人気キャラクターしまじろうと一緒に学ぶ
    • 長年培ってきた知見で安心して学べる
    • お子様に全力で寄り添う先生力が高い
    • 英語の4技能(読む、書く、話す、聞く)を、年齢に合わせて育む

    【求人例】

    • 埼玉県 業務委託
    • 生徒数に応じた完全出来高制/給与例:生徒数20名で月収50,000円/未経験者OK

    ・ヤマハ英語教室

    • 得意の音楽を活かしたレッスンで楽しく自然に、英語の音とリズムを学ぶ
    • それぞれの年齢の特性や発達を考慮した最適な学習方法
    • お友だちと一緒に成長できるグループレッスン
    • レッスンは、オールイングリッシュ

    【求人例】

    • 全国共通 契約社員
    • 給与(講師謝礼)基本単価や経験・英語力に生徒数を乗じた額/給与例:週3日・経験3年・TOEIC730で生徒40名→平均月収79,000円

    ・ECCジュニア

    • 35年以上の研究による英語教育
    • 顧客満足度調査、2部門(面倒見が良い幼児教室、コスパの良い幼児教室)で1位
    • 英会話業界で初めての学習サービスの国際規格「ISO29990」の認証を取得
    • 熱意あふれるバイリンガル先生ばかり

    【求人例】

    • 福島県 アルバイト
    • 時給1,500円/年齢・経験不問/交通費支給/正社員登用あり
    どの教室が一番良いとは言えませんが、給料だけではなく「自分がどのように英語を教えたいのか」、についてもしっかりと考えて職場を選びたいですね。

    さいごに

    いかがでしたか?幼児英語教室についてご紹介してきました。

    子どもが好きで、英語が好き。英語を聞いたり話したりできる。そして、活かせる資格を持っているなら幼児教室の先生のお仕事も考えてみてはいかがですか?

    幼児教室は保育園や幼稚園ほど体力を使わないことも多く、拘束時間も短い傾向にあります。そのため、ブランクがあっても無理なく復帰しやすい仕事内容のようです。

    また、長く勤めていれば運営の仕方も同時に学べたり、その後独立したり、自分の教室を持つ人も少なくありません。

    教室によっては、経営のノウハウも教えてくれて、独立のサポートまでしてくれるところもありますよ。自分の人生プランを考え、先のことも考えてリサーチし幼児教室に転職する人も多いです。

    興味がある方は、転職サイトなどで幼児英語教室講師の求人を検索してみたり、転職アドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか?

    保育業界に携わる方々が、毎日楽しく、やりがいを見つけ、続けていけるお仕事に出会えることを願っています。

    あなたにオススメの関連記事

    保育士くらぶ公式LINE

    友だち追加すると、日常保育で明日から使えるトピックの配信や求人情報、転職に関するお問い合わせができます。

     

    友だち追加

    保育士・幼稚園教諭の就職・転職サポート事業を行うアスカグループが運営する「保育求人ガイド」国内最大級の保育専門求人サイトです。

    「保育求人ガイド」のサービス詳細は以下よりご確認いただけます。

    コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    保育士くらぶ編集部

    保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。明日から使える最新保育トピックや保育士さんの転職、キャリアをサポートするコンテンツをおとどけしています。 求人情報や転職のご相談は同グループが運営する「保育求人ガイド」をご覧ください。https://hoikukyuujin.com/