保育園で働く栄養士の役割は?仕事内容や給料、メリット・デメリット、求人を解説

The following two tabs change content below.
保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部です。保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。保育士の皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。

こんにちは!保育士くらぶ編集部です。
保育士くらぶでは、保育現場で明日から使える最新トピックや保育士さんの転職、キャリアをサポートするコンテンツをおとどけしています。

求人情報や転職・キャリアのご相談は同グループが運営する「保育情報どっとこむ」をご覧ください。

栄養士はもはや「食」の保育士

栄養士のイラスト

給食はほとんどの保育園で行われていますが、そこで活躍するのが栄養士です。栄養士は医療機関や福祉施設、学校や企業などの「食」に関することを管理する「栄養」のプロです。

そんな栄養士の資格の実態から、保育園での仕事内容給料求人の見つけ方までを徹底リサーチ!

栄養士を目指している方や、職と保育の両方に興味がある人まで、保育園の栄養士についてのお話、ぜひご一読ください。

東京都の保育園栄養士求人一覧はこちら

栄養士ってそもそもどんな資格?

栄養士の資格には、「栄養士」「管理栄養士」があります。どちらも食物や栄養の専門家であることには違いありませんが、管理栄養士はより高度で専門的な知識が求められるということのようです。両者の違いを簡潔に表にまとめてみました。

・栄養士が活躍する主な職場

栄養士は働く場所がとても多いのが魅力の一つです!

その栄養士が働く職場としては、保育園はもちろんの事、病院やクリニックといった医療機関、学校・企業や福祉施設などの食堂給食センターなどがあります。

他にも、保健所や保健センターなどの行政機関や、研究機関などもその活躍の場となっています。

保育園勤務の場合の仕事内容や役割

次は、保育園で勤務する場合の栄養士のあれこれについて説明します。

保育園に勤務する栄養士には、保育園に直接雇用される栄養士と、保育園から給食を委託された外部の会社から派遣される栄養士の2通りがあります。

施設の規模によって栄養士のお仕事内容は少し変わりますが、

仕事内容は主に、「献立の考案・作成」「調理業務」「食育教育」「調理師との連携」「アレルギー児等への対応」などがあります。

中でも一番大変な業務は、「アレルギー児等への対応」だと言われています。近頃食物アレルギーが増加しており、アレルギーは幼児によってさまざまなので、個々に配慮して献立を考え、調理する必要があります。

業務はとても大変ですが、幼児たちが自分が考え、作る給食やおやつをおいしく食べて成長する姿を見られるので、とてもやりがいも大きいのではないでしょうか。

・1日のスケジュール

代表的な保育園栄養士の1日のスケジュールを簡単にご紹介します。

  • 午前中:昼食の準備
    登園している園児のアレルギーなどの確認を保育士と打ち合わせ。
    当日の献立を調理スタッフと打ち合わせ
  • お昼:昼食
    調理→配膳→下膳
  • 午後:片付け・事務・おやつの準備
    昼食の片づけ、食べ具合や残し具合などを保育士と打ち合わせ。
    おやつの準備を調理スタッフと行う。
  • 3時:おやつ
    調理→配膳→下膳
  • ~退勤:事務・片付け
    献立やスケジュールの考案。
    栄養価や経費の計算、食材の発注、反省点や明日の準備を調理スタッフや保育士と確認。

在籍園児が少ない保育園では、栄養士が1人で栄養管理と調理を行うところもあります。

 関連記事でもっと知る 

保育士との違いは?労働環境・給料や年収について

・給食を作るだけじゃない!「食育」の仕事

子供料理教室のイラスト

栄養士と言えば、給食の献立を考えて栄養指導だけすればいいように思われがちです。しかし、保育園に勤務する栄養士さんの仕事はそれだけではありません

厚生労働省が作成した「保育所における食育に関する指針」には、保育の一環として「食育」が義務付けられています。

食育はもちろん保育園全体で行なわれますが、その活動をリードするのは栄養士の仕事です。

食育は、ただ食べるだけではありません。「食育」に関する紙芝居やお話を子どもたちにしたり、調理実習を通じて食の大切さを伝えたりといった活動も重要な職務です。

また、規模の小さい保育園などでは、保育業務を栄養士も行う施設もあるようです。実際子どもたちと触れ合い、関わることでより子どもたちについて理解できるようになる、といったねらいもあるようです。

 関連記事でもっと知る 

・気になる給料、年収の平均は?

そんな保育園の栄養士さんのお給料はいくらぐらいなのでしょうか?

地域や施設によってかなり変動がありますが、およそ17万円~22万円ぐらいです。年収にすると250万円~350万円ぐらいだと思われます。

直接保育園に雇用される場合と、外部の委託会社から派遣される場合にも違ってきますし、公立なのか民間なのかでもお給料は変わってきます。

栄養士のメリット・やりがい

食事をする子供たちのイラスト

保育園の栄養士として働く上でのメリットはなんでしょう?

学校や従業員の多い企業の食堂や給食室に勤務する栄養士や調理スタッフは、大量の食事の献立を考案して作らなければいけないので、そのことだけで手いっぱい、結構大変です。

その点保育園はそこまで大人数ではないので、余裕をもってメニューを考えたり、時には楽しんで献立を考案したりできるので、最近人気なのだそうです。

しかも、子どもたちから「おいしい!」と言ってもらえるという最高のご褒美があるので辞められないという栄養士さんは多いそうですよ。

クリスマスやひなまつりといった季節ごとのイベントにちなんだメニューを作ることで、子どもたちが喜ぶ姿もやりがいにつながるのかも知れません。

また、子どもたちの成長を近いところで見ることができるため、子どもが好きという人には最高の環境だと思います!


養士のデメリット・苦労

一方で、保育園に勤務する栄養士さんのデメリットや苦労はどういったことでしょうか?

小規模の保育園では、栄養士と調理スタッフを兼任するところもあるので、業務内容は多岐にわたり、かなり忙しい場合が多いので大変なことも多いようです。

その上、栄養士の資格を持っていても調理スタッフと変わらない待遇だという施設も多く、管理栄養士の資格がなければ栄養士の手当てが付かないこともあるようです。

さらに、最近はアレルギーのある園児も多く献立を考えるのも一苦労、といった事もあるそうです。子どもたちの健康に関わる非常に責任の重い業務ということで、保護者からの要求やプレッシャーも増える一方なのだそうです。

理想の求人、転職先の探し方

では、保育園の栄養士になるにはどうすればいいでしょうか?

最近は、職種専門の就職・転職サイトが充実していますので、そういったサイトを利用して求人を検索するのが近道です。無料のコンサルタントアドバイザーのサービスを利用するのもいいかも知れません。

保育情報どっとこむでは、保育園での「栄養士」や「調理師」の求人も多数扱っているので、チェックしてみてくださいね!

保育士くらぶ相談室では、個別にさらに細かい相談をお受けすることができます。気軽にぜひご活用ください♪

 関連記事でもっと知る 

おまけ:志望動機はどうしよう?

1対1の面接のイラスト(女性)

そして、栄養士として保育園に就職する際の面接で志望動機を聞かれると思います。良い求人を見つけたら、志望動機は確実に採用されるためには大変重要なものとなってきます。

保育園就職の際に必ずと言ってもいいほど聞かれる質問が、「なぜ志望先としてその施設を選んだのか?」です。この質問の返答には、その施設にしかない特徴や、長所を述べることが大切です。その保育園の特徴を事前にリサーチしておきましょう。

また、転職希望という方は、「前職を辞めた理由」も聞かれる場合が多いと思います。もし辞めた理由がネガティブな内容であったとしても、それを前面に出すのではなく、なるべくポジティブな志望理由を述べるように心がけると、好印象をもってもらえるはずです。

志望動機としてオススメなのが、栄養士として健康管理・栄養指導へのこだわりはもちろん、子どもたちへの「食育」に対する意欲を挙げることです。安心安全な食事を提供するだけではなく、子どもたちに食の楽しさやすばらしさを伝えるために努めていきたいという内容を述べることが大切です。

さいごに

子どもたちが健やかに育つために欠かせない重要なお仕事、「保育園の栄養士」に関するお話、いかがでしたでしょうか?

専門職の栄養士ですが、保育園で働く際には保育に関する興味や知識も必要になってくるのではないかと思います。

大変だけれどやりがいもたくさんある保育園の栄養士、目指してみませんか?

保育士くらぶ公式LINE

友だち追加すると、日常保育で明日から使えるトピックの配信や求人情報、転職に関するお問い合わせができます。

 

友だち追加

保育士・幼稚園教諭の就職・転職サポート事業を行うアスカグループが運営する「保育求人ガイド」国内最大級の保育専門求人サイトです。

「保育求人ガイド」のサービス詳細は以下よりご確認いただけます。

ABOUTこの記事をかいた人

保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部です。保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。保育士の皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。