【最新版】保育士の給料事情!安い?年収統計からみる平均給与と引き上げ策

The following two tabs change content below.
保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部

保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。明日から使える最新保育トピックや保育士さんの転職、キャリアをサポートするコンテンツをおとどけしています。 求人情報や転職のご相談は同グループが運営する「保育求人ガイド」をご覧ください。https://hoikukyuujin.com/

こんにちは!保育士くらぶ編集部です。

保育士くらぶでは、保育現場で明日から使える最新トピックや保育士さんの転職、キャリアをサポートするコンテンツをおとどけしています。

求人情報や転職・キャリアのご相談は同グループが運営する「保育求人ガイド」をご覧ください。

 

今回は、保育士の給料事情についての記事です。

保育士は薄給?

待機児童問題や保育士不足という社会問題に後押しされ、国政の場でも保育士の処遇改善が議論されるようになりました。

そのぐらい、保育士の年収・給料は低水準なのでしょうか?

「保育士ってそこまで薄給なの?」とお嘆きの現役保育士さんや、「そんな低賃金で働かなければいけないの?」と不安になっている将来の保育士さんへ向けて、保育士の平均年収・給料の本当のところを徹底リサーチしました!

保育士の平均給料① 〜保育施設・役職別〜

内閣府や厚生労働省など公的機関の資料から保育士さんの平均年収を紹介します。

まずは、保育施設・役職別での区分です。

保育所

職種私立公立
常勤非常勤常勤非常勤
施設長565,895円536,146円632,982円
主任保育士422,966円344,103円561,725円257,531円
保育士301,823円187,816円303,113円162,859円
保育補助者(資格を有していない者) 223,584円168,561円148,720円149,238円

主任は別にして、保育士さんの給与が公立・私立あまり変わらないのはやや意外な感じがします。

※金額は、1人当たり給与月額(賞与込み)です。
常勤→施設で定めた勤務時間(所定労働時間)のすべてを勤務する者。
ただし、1日6時間以上月20日以上勤務している非常勤職員は 「常勤」に含めて計上。
非常勤→常勤職員以外の従事者。

出典:令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査集計結果<速報値>【修正版】

認定こども園

職種私立公立
常勤非常勤常勤非常勤
園長556,400円526,671 円618,928円222,359円
副園長462,597円847,919円602,086円
教頭395,512円556,730円
主幹保育教諭375,965円514,214円209,068円
指導保育教諭336,739円361,575円455,717円
保育教諭279,954円188,725円287,181円150,441円
助保育教諭235,921円172,516円163,080円147,172円
講師 250,987円232,119円184,852円153,527円
教育・保育補助者213,170円174,407円171,961円142,845円

私立・公立かかわらず、非常勤と無資格でも働ける職種は月収20万を切ってしまっています。

*参考
認定こども園の職種・役職と必要な資格
①園長
業務内容:園務をつかさどり、所属職員を監督する
②副園長
業務内容:園長を助け、命を受けて園務をつかさどる
③教頭
業務内容:園長を助け、園務を整理し、並びに必要に応じ園児の教育及び保育をつかさどる
④主幹保育教諭
業務内容:園長を助け、命を受けて園務の一部を整理し、並びに園児の教育及び保育をつかさどる
資格:幼稚園教諭の普通免許状、保育士資格
⑤指導保育教諭
業務内容:園児の教育及び保育をつかさどり、並びに保育教諭その他の職員に対して、教育及び保育の改善及び充実のために必要な指導及び助言を行う
資格:幼稚園教諭の普通免許状、保育士資格
⑥保育教諭
業務内容:園児の教育及び保育をつかさどる
資格:幼稚園教諭の普通免許状、保育士資格
⑦助保育教諭
業務内容:保育教諭の職務を助ける
資格:幼稚園助教諭の臨時免許状、保育士資格
⑧講師
業務内容:保育教諭又は助保育教諭に準ずる職務に従事する
資格:幼稚園教諭の普通免許状(もしくは幼稚園助教諭の臨時免許状)、保育士資格
⑨教育・保育補助者
業務内容:保育教諭又は助保育教諭の補助
資格:なし

 関連記事でもっと知る 

出典:令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査集計結果<速報値>【修正版】

家庭的保育事業(私立)

職種私立
常勤非常勤
家庭的保育者358,988円171,018円
家庭的保育補助者 232,892円197,228円

出典:令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査集計結果<速報値>【修正版】

小規模保育事業(A型、B型)(私立)

職種A型B型
常勤非常勤常勤非常勤
管理者342,861円183,370円362,007 円
主任保育士303,289円309,912円
保育士268,755円172,324円269,617円192,001円
保育補助者(資格を有していない者) 235,183円170,387円231,115円161,931円

出典:令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査集計結果<速報値>【修正版】

事業所内保育事業(私立)

職種事業所内保育事業(A型適用)事業所内保育事業(B型適用)事業所内保育事業(20人以上)
常勤非常勤常勤非常勤常勤非常勤
管理者341,691円315,349円323,546円352,212円
主任保育士266,081円256,705円
266,264円355,918円
保育士238,168円226,312 円264,238円269,782円236,329円

出典:令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査集計結果<速報値>【修正版】

保育士の平均給料② ~都道府県別~

保育士の年収は、勤務する地域によっても多少変わってくるようです。
そこで、都道府県別の保育士の平均年収を比べてみましょう。

平均年収が一番高いのが東京都の4,341,900円で、一番低いのが山形県の3,124,400円で、120万円もの差があります。

出典:厚生労働省・平成30年賃金構造基本統計調査

もちろん物価などの違いや、待機児童の数や保育士さんが足りているか否かなど、いろいろな事情があり一様に比較することはできません。


【番外編】保育士の賞与・ボーナス

毎月決まって支給される月額給与と違って、賞与・ボーナスは施設によってかなり差があるのが現状です。

そこで、保育士さんの賞与・ボーナスを公立・私立で比較してみましょう。

公立

民間の賞与・ボーナスに当たるのが「期末・勤勉手当」です。

平成30年発表の「練馬区人事行政の運営等の状況の公表」によると、公立保育園の保育士さんの年間平均期末・勤勉手当の額は1,841,049円です。

私立

一方、私立保育園の保育士さんの賞与・ボーナスはどうでしょうか?

厚生労働省・平成30年賃金構造基本統計調査によると、保育士さんの年間賞与その他給与額は平均707,700円となっています。

公立・私立の差は実に113万円にも上ります。

月額の給与はそれほど差がありませんが、賞与・ボーナスでかなり開きがあるため、公立保育士は高収入になるようです。

ちなみに、国家公務員の賞与・ボーナスに当たる期末・勤勉手当の支給時期は、夏は6月30日冬は12月10日と法律で定められています。

地方公務員の場合も同じ日か、それに近い日が条例で定められているようです。

私立の保育士さんの賞与・ボーナスに関しては施設によってまちまちですが、一般企業と同じように夏が7月初旬ごろ、冬は12月初旬ごろが多いようです。

保育士の給料はなぜ少ない?

他の職業と比較して、保育士さんの給料が少ないのはなぜなのでしょうか?

保育士の薄給は、以下の要因が考えられます。

  1. 保育園の運営費の構造によるもの

  2. 仕事量や責任と給料が見合っておらず、相対的に低いと感じる

保育園の運営費の構造

認可保育園の運営に関わる費用は「公定価格」として法律で定められています。
※認可外保育園は保護者からの保育料で運営されています。

公定価格をもとにした「委託費」が、自治体から保育園に支払われています。

引用:子ども・子育て支援新制度ハンドブック

この委託費から保育さんの給料が支払われますが、国によって配置基準や運営費が細かく定められていて、人件費である保育さんの給料を大きくアップするような余地はありません。

また、仕事量や責任と給料が見合っておらず、相対的に低いと感じる場合もあるようです。

子ども・子育て支援新制度

2015年に改正された、「子ども子育て支援新制度」では、公定価格の見直しとして配置基準改善などとともに、職員の処遇改善、人件費の引上げも盛り込まれています。

消費税率の引き上げにより確保した、0.7兆円程度の財源を処遇改善や保育の量の拡充や質の向上に当てるとしています。


保育士さんが給料を増やすためにできること

処遇改善などによる給与アップがそれほど期待できないからと言って、諦めることはありません。

自分で行動を起こすことで給与を少しでも増やす可能性は残されています。

給料を増やすために出来ることを紹介します。

①キャリアアップ研修制度

保育士の待遇向上と専門性強化を目的として、平成29年4月に制定されたのが「保育士等キャリアアップ研修制度」です。

厚生労働省主導の子の研修を受講・修了することで副主任保育士や専門リーダーといった役職にキャリアアップでき、給与もアップするという制度です。

参考:厚生労働省・保育士のキャリアアップの仕組みの構築と 処遇改善について

②他の保育施設に転職

同じ保育士さんでも、勤務先によってその給与は少しずつ違います。

例えば、前出の令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査集計結果<速報値>【修正版】を見てみると、認可保育園や認定こども園、小規模保育事業や家庭的保育事業の保育士さんの給料は微妙に違っています。

少しでも給料の高いところを選んで就職するか、給与アップを見込める施設に転職することもひとつの選択肢です。

また、基本給の高いところや手当の多いところを選ぶのも大切です。

公立の施設なら公務員になり、昇給や賞与の面でかなり優遇されるのでチャンスがあればチャレンジしてみましょう。

③資格取得

もし、保育士の資格を持っておらず保育補助といった立場で勤務しているのであれば、保育士や幼稚園教諭の資格を取得することで給料アップを目指せます。

例えば、認定こども園の月給でみると、無資格の教育・保育補助者の給与は有資格の職種の約2〜8万低いです。

職種私立公立
常勤非常勤常勤非常勤
園長556,400円526,671 円618,928円222,359円
副園長462,597円847,919円602,086円
教頭395,512円556,730円
主幹保育教諭375,965円514,214円209,068円
指導保育教諭336,739円361,575円455,717円
保育教諭279,954円188,725円287,181円150,441円
助保育教諭235,921円172,516円163,080円147,172円
講師 250,987円232,119円184,852円153,527円
教育・保育補助者213,170円174,407円171,961円142,845円

▼関連記事でもっと知る

保育士の昇給につながるのは働く場所

同じ保育士さんでも、勤務する都道府県や勤務する施設の種類、雇用形態などでその給料は異なります。

責任の重い大変な仕事だからこそ、少しでも多くの報酬を得たいと思うのは当然のことです。

就職や転職する際には給料や待遇もしっかり選び、スキルアップや資格取得などでキャリアアップできるのならそのチャンスをしっかり活かしましょう!

アスカからのお知らせ

当サイト(保育士くらぶ内)での広告企業のバナーやリンクをクリックしたことによる広告収入等は当面の間、

新型コロナウイルス感染症の影響を受けるすべての子どもたちの支援活動を行っている公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに 全額寄付させていただきます。

あなたにオススメの関連記事

保育士くらぶ公式LINE

友だち追加すると、日常保育で明日から使えるトピックの配信や求人情報、転職に関するお問い合わせができます。

 

友だち追加

保育士・幼稚園教諭の就職・転職サポート事業を行うアスカグループが運営する「保育求人ガイド」国内最大級の保育専門求人サイトです。

「保育求人ガイド」のサービス詳細は以下よりご確認いただけます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

保育士くらぶ編集部

保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。明日から使える最新保育トピックや保育士さんの転職、キャリアをサポートするコンテンツをおとどけしています。 求人情報や転職のご相談は同グループが運営する「保育求人ガイド」をご覧ください。https://hoikukyuujin.com/