【30代転職】保育士の転職のポイント教えます!気になる転職理由も

The following two tabs change content below.
保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部

保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。明日から使える最新保育トピックや保育士さんの転職、キャリアをサポートするコンテンツをおとどけしています。 求人情報や転職のご相談は同グループが運営する「保育求人ガイド」をご覧ください。https://hoikukyuujin.com/

30代の保育士さんの3割が転職を考えているというデータがあるそうです。保育士に限った話ではありませんが、みなさん一度くらいは転職を考えたことはあるのではないでしょうか?

30代は結婚や子育てなどの生活の変化や職場でのしがらみなども増えてくる時期ですね。

今回は、特に30代の保育士さんが転職する際に役に立つ情報をを集めてみました。

実際に転職した方の転職理由から、どういった職場や職種にチェンジしたのか?実際に転職するならこんなサイトを参考に!といったことまでリサーチしました。

30代はライフスタイルが変わり、将来のことを見直す時期

将来の事を考え、キャリアアップを考える時期

職場に赴任したてで目まぐるしく過ぎていった新人時代とは打って変わり、キャリアも十年近くなると仕事に追われながらも将来のことを考えることも多くなるかと思います。

「このままこの仕事を続けてもいいのだろうか」「10年後、20年後の生活はどうなっているんだろうか」と今の生活を継続することに悩んでみたり、人によっては更に良い待遇を目指して資格をとったり、今の職場で実現するのは難しいと考え「転職」という言葉が頭をかすめることもあるでしょう。

20代に比べて全体を俯瞰したり、先の見通しを見渡せる心の余裕ができる時期です。

 関連記事でもっと知る 

結婚や子育てなどライフスタイルがめまぐるしく変わる時期でもある

また30代は結婚や出産など、大きなライフイベントがある時期でもあります。それに合わせて今の職場が、今後の生活にあっているか見直しをしなければならないかもしれません。またある程度子供が成長して今後必要なお金のことを考えると、時短ではなくフルタイムで働きたいという方もいます。

何れにせよその人の希望やライフスタイルに合った仕事ができるのが大切です。

 関連記事でもっと知る 

気になる30代の転職事情

まずは、30代で転職した保育士さんの「転職理由」を見てみましょう。

キャリアアップのため

・「この先保育士を続けていく中で今の給料では不十分」

保育士さんの全国平均年収は312万、月給は18万程と他業種に比べても高いとは言えません。今よりも良い条件で働きたいという要望が多いです。

労働条件のため

・「労働時間が長く、制作や事務仕事、時間内に終わらない」

週案や月案、連絡帳などの書類作成、毎月の制作物に行事の準備……仕事量が多く勤務時間内に終わらず自宅で制作物や行事の準備などをする方も多いようです。
・「有休はあるけれど、休める雰囲気では無い」

人手不足だとなかなか言い出すタイミングが難しいですね。特に担任を持っていると、休みづらい環境にある場合も多いです。

ライフステージが変わったため

・「子供ができたときのことを考えると、今の園では体制が整っていない」

産休・育休のことを考えたとき、できる限り同じ職場で働いていたいと思うと考える様になるのだと思います。

人間関係のため

・「些細なことがキッカケで先輩や同僚から無視されるように…」

これは相当厳しいです。もちろん円満な職場も数多くありますが、女性が多い故に細かいところでトラブルはあるかもしれません。
・「保護者対応がツライ。理不尽な理由でキレられ、悪い噂を流された」

クレーム処理って難しいですね。対応を間違えてしまってクレームに、となるケースもあります。

体力的にキツイため

・「子どもを抱っこにおんぶ、腰に負担が」

保育士はどうしても体力勝負になります。実際に腰など身体を壊してやむなく保育現場から離れる方もいます。
 関連記事でもっと知る 

30代での転職のメリット・デメリット

メリット

仕事に慣れたところからスタートでき、過去の実務経験も優遇される

新任の先生や未経験の人とは違い経験があるため、ある程度仕事内容を把握した地点からの着任になります。全てが同じとはいきませんが、今までこなしてきたことを生かして仕事ができるため、余裕を持って業務にあたることが出来ます。

園側としても、経験者なので安心して業務を任せられます。仕事がわかった上でこなしてくれるので、即戦力として期待されます。

デメリット

①経験者として迎えられる一方、様々な技能が求められる

保育園側は経験者として採用しているので、「仕事のことがわかりきっている」という体で対応してきます。なので子供たちが帰った後の事務処理や新任で入ってきた人の教育など様々なことを求めてくる可能性もあります。

②転職先では新人である

同じ保育の現場だとしても、その職場においては「新人」です。上司や同僚、自分よりも勤続年数の短い同僚ともうまくやる必要があります。

また前の職場とルールや自分のやり方とは違っても、職場のルールに反して仕事をするのは禁物です。何かしら意見や提案をする場合も、まずはそこの職場のやり方を覚えて実績を積んでからにしましょう。


転職活動の際に気をつけるべきポイント4つ

いざ転職活動!となった時に後悔しないポイントをみていきます。

①転職準備をしっかりとし、スケジュールを立てる

転職活動をする前に、転職しようと思っている分野の下調べは必須です。同じ保育の世界でも施設形態や職種が変われば仕事内容や環境も全く違うということもあります。

また自分がどんな資格を持っているのか、今までどんな業務にあたっていたのかを書き出して自己評価し、自分にどんな道が開いているか探りましょう。全く未経験分野で自分の力量に合わない仕事ばかりに応募しても採用される確率は低くなります。

一般的に転職活動は平均3ヶ月と言われていますが、その前にどれくらい準備してきたかで転職活動の成果と期間は変わります。

もちろん現職や転職先の状況や時期によっても様々ですから、研究から転職活動、そして内定までスケジュールを立てておく必要があります。

また現職から転職先に入職するまでの空白期間のためにも、ある程度の資金は用意しておきましょう。

②なんのための転職か?自分の希望を明確化する

転職サイトにはいろんな種類の求人が載っています。その中でたくさんある求人の条件に目移りしたり、かたや自分の希望している条件にそぐわないからと全て却下していくこともありえます。

転職先の職場もあなたの求める「満点」であるとは限りません。

自分が一番気にしているのは給料なのか、職場環境なのか、労働条件なのか。自分が希望している条件をあらかじめ挙げておいた上で「これだけは譲れない」事項を明確化し、転職迷子にならないようにしましょう。

③円満退職に向けて引き継ぎなどの準備を

現職場に迷惑をかけないのは最低限のマナー。在職中の業務は最優先し、自分がいなくても仕事が回るよう退職前に今まで持っていた仕事の引継を後続の同僚にしっかり引き継いでおく必要があります。

退職が思うように進まないと転職先の入社にも影響が出る場合もあります。退職間際の対応で今までのつながりに支障をきたさないためにも、しっかりと業務をこなし円満退職を目指しましょう。

 関連記事でもっと知る 

④在職中の場合は入社日の確認をちゃんとする

在職中の方に気をつけていただきたいのが、入社日の確認と退職までのスケジュール。内定をもらって一息づくかもしれませんが、この後、現職場の退職手続きや入社準備が待っています。

あらかじめ転職先に入社日を伝えますが、この時に何かしらの不具合で伝えた入社日から延期したりすれば、場合によっては「内定取消」もありえます。退職までのスケジュールは確実に組んでおき、信用を損ねないよう気をつけましょう。

就職場所別・転職のポイント

同じ保育の現場の場合

勤務施設によって仕事も変わる

同じ保育の現場でも保育園、幼稚園、企業内・病院内の保育施設から学童保育など勤務場所は多岐に渡ります。当然、その施設によっても仕事の内容は変わりますので、いろんな求人を調べてみましょう。

勤務形態は自分にあっているか

正社員、契約社員、派遣社員、パートなど色々な雇用形態があります。また子供が小さくてフルタイムでなく時短勤務を希望していても、条件は勤務先によっても異なりますので、必ず調べましょう。

 関連記事でもっと知る 

全く別の職種に就きたい場合

保育の仕事とは違う業種で働きたい

いろんな事情で保育の現場から離れた仕事をしたい。そういう方もいらっしゃいます。そういう場合はマイナビ・リクナビといった転職サイトに登録したり、転職エージェントに使う方法があります。それぞれメリット・デメリットがありますので調べてみましょう。

同じ保育の現場で、違う職種で働くという方法もあります!

同じ保育の現場でもいろんな職種があるのはご存知ですか。なかには栄養士や看護師の資格を持った方も働いておられます。また前述のように、勤務する施設によって今までの仕事とは全く違ったりします。保育の仕事=現職場ではないのでいろんな視点で進めてみましょう。


転職は人生の分岐点。しっかりと準備して後悔のない転職を。

「30代の転職」に焦点をあてましたがお役に立てたでしょうか?
色々調べた上で「今の職場に留まる」という選択肢がベストだったということもありえます。まず行動を起こす前に下調べを入念した上で、思いっきり転職活動をしましょう。自分に合った素敵な仕事に出会えるといいですね。

 

当サイト「保育士くらぶ」と、保育士・幼稚園教諭の方向けの日本最大級求人サイト「保育情報どっとこむ」を運営する弊社アスカグループは、専門のアドバイザーが多くの保育士・幼稚園教諭の方を対象に、20年以上にわたり転職・キャリアサポートを行っています。

あなたにオススメの関連記事

保育士くらぶ公式LINE

友だち追加すると、日常保育で明日から使えるトピックの配信や求人情報、転職に関するお問い合わせができます。

 

友だち追加

保育士・幼稚園教諭の就職・転職サポート事業を行うアスカグループが運営する「保育求人ガイド」国内最大級の保育専門求人サイトです。

「保育求人ガイド」のサービス詳細は以下よりご確認いただけます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

保育士くらぶ編集部

保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。明日から使える最新保育トピックや保育士さんの転職、キャリアをサポートするコンテンツをおとどけしています。 求人情報や転職のご相談は同グループが運営する「保育求人ガイド」をご覧ください。https://hoikukyuujin.com/