【保育園】ひな祭りの由来・製作・ゲームのまとめ

The following two tabs change content below.
保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部です。保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。保育現場で明日から使える最新トピックや保育士さんの転職、キャリアをサポートするコンテンツをおとどけしています。 求人情報や転職・キャリアのご相談は同グループが運営する「保育求人ガイド」をご覧ください。https://hoikukyuujin.com/

3月は年度が変わる前ということで、保育士さんたちもなにかと準備があって忙しいですよね。

そんな3月に忘れてはならないイベントが、「ひな祭り」です。

有名な行事ですが、ひな祭りの由来や意義について意外と知らないという方も少なくないのではないでしょうか。 今回はそんなひな祭りの由来や意義について解説してみたいと思います。ぜひ子供たちに教えてあげましょう。

また、子供たちと一緒に楽しめるひなまつひな祭りの製作やゲームもご紹介します。

そもそもひな祭りってどんな行事?

3月3日は「ひな祭り」です。

ひな祭りといえば、ひな人形を飾ったり、ひなあられを食べたりといったイメージをお持ちかと思います。

そもそもひな祭りってどんな意味があるの?なんで始まったの?

といった意外と知らないひな祭りという行事について解説していきます。

ひな祭りのシーズンに子供たちに伝えてあげましょう!

ひな祭りの起源

ひな祭りといえば、女の子の健康な成長を祈願する行事ですね。

でも、もともとのひな祭りの意義は違いました。

ひな祭りは、中国の行事である「五節句」の一つである「上巳(じょうし)の節句」に由来すると言われています。

この「上巳 」とは、3月の初めの巳(み)の日のことです。古代中国では、この日は邪気が入りやすい日とされ、川で身を清める風習がありました。

ひな祭りの伝来

この中国の「上巳の節句」が平安時代に日本に伝わり、ひな祭りという行事のもととなりました。

当時の日本では、自分の体に見立てた紙や藁の人形に自身の穢れや災いを移し、川や海に流すという形で広まりました。

これは、現在にも残る「流し雛」という習慣にその原型を見ることができます。

そして、室町時代頃にはこの人形が現在のようなひな人形の形になり、川に流すのではなく、家の中に飾るようになります

この「流し雛」の名残と、貴族の間でおままごとのような感覚で流行っていた「ひひな遊び」とが合わさり、現在の「ひな祭り」になりました。

3月3日をひな祭りの日とし、女の子の健康な成長を祈願する行事として定着させたのは、江戸時代と言われています。

まとめると

  • 中国の 「上巳の節句」 が由来で、本来は穢れを払う行事だった。
  • 平安時代に日本に伝わり、形を変え、江戸時代には現在のような女の子の健やかな成長を願う行事になった。

ひな祭りの製作

ひな祭りにぜひ保育園でやりたい製作の例をご紹介します。子供たちと一緒に作ってみましょう。

ゼリーカップで作るひな人形

壁面装飾を作ろう

ひな祭りに遊べるゲーム

せっかくのひな祭りです。みんなで歌って遊んで盛り上がりましょう。

ひな祭りの歌

ひな祭りの手遊び

いかがでしたか。ひな祭りの起源については意外と知らなかったという方もいるのではないでしょうか。

ひな祭りは小さい子供たちと一緒に楽しめるイベントです。今回ご紹介した製作や遊びもぜひ試してみてくださいね。

保育士くらぶ公式LINE

友だち追加すると、日常保育で明日から使えるトピックの配信や求人情報、転職に関するお問い合わせができます。

 

友だち追加

保育士・幼稚園教諭の就職・転職サポート事業を行うアスカグループが運営する「保育求人ガイド」国内最大級の保育専門求人サイトです。

「保育求人ガイド」のサービス詳細は以下よりご確認いただけます。

ABOUTこの記事をかいた人

保育士くらぶ編集部

保育士くらぶ編集部です。保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。保育現場で明日から使える最新トピックや保育士さんの転職、キャリアをサポートするコンテンツをおとどけしています。 求人情報や転職・キャリアのご相談は同グループが運営する「保育求人ガイド」をご覧ください。https://hoikukyuujin.com/