保育士求人(正社員・パート・派遣)|幼稚園教諭

水遊びの注意点☆

画像1

こんにちは、横浜支店 藤崎です

先日、実家に帰ったときに甥っ子と姪っ子の子守役を頼まれ(丸一日)どうやって子ども2人を
グズらせずに1日過ごすか考えプールを購入しました!
朝から外の水道から水を入れて、真水では冷たいのでキッチンの水道からお湯を出してお鍋で何回も
何回も往復してやっとの思いで完成しました!

2人とも楽しかったみたいで休憩を入れながら3時間はプールで遊んでくれました♪

そして私は先日、子どもは数センチの水でも溺れると知ってひたすら見守り続けました(・ω・〃)

なので今回は子どもの水遊びの注意点について書かせていただこうと思います。

1)子どもだけの水遊びは絶対にさせない!
先程も書いた通り、子どもは数センチの深さでも溺れてしまいます。
遊び終わったあとの後片付けまで気を抜いてはいけないですね!

2)危険であると感じた場所で子どもだけでの水遊びを見かけたら、ご自身の子でなくても注意する!
私もそうでしたがつい子どもだけで近くの川で遊んだりしてしまいますよね。
危ないなぁ。思ったら注意を促してあげることが事故防止に繋ります!

3)プールや海などでは、幼児・子どもから絶対に目を離さない!
海で足をすくわれると強い力で沖に流されていきます。またゴツゴツした岩場で足を滑らして大怪我を
することもあります。
プールもプールサイドや通路は非常に足がすべりやすいのでお子さんを走らせないように注意が必要です。
またお子さんを抱っこしているときもいつも以上に注意が必要です!


夏ならではの水遊びを楽しむためにしっかりと注意をして楽しい夏を過ごしましょう~ヾ(o´∀`o)ノ

画像3

お仕事探し!
今すぐ登録 会員専用ページ

会員ID

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

登録会情報はこちら 保育士くらぶ 官公庁の皆様へ 店舗案内 保育の現場インタビュー 保育の素材缶 保育園用語集 おすすめ保育園幼稚園リンク集 運営会社紹介
人材派遣・人材紹介の
アスカグループ

TEL0120-777-277

(フリーダイヤル)
アスカツイッター 保育求人ガイド アスカグループ 介護求人ガイド グローバル人材の採用 セミナー情報 保育の現場レポート