保育士求人(正社員・パート・派遣)|幼稚園教諭

子供向けの本紹介

こんにちわ。
大宮の須永です。
今回は小学生向けの本をの紹介をさせていただきます。

■「イモムシ」(ポプラ社)

 なんて、きれいでおもしろい! 敵から身を守る工夫や孵化(ふか)、
脱皮など小さな命の奮闘をとらえた写真絵本。
この幼虫たちがどんな姿に変身するのか調べてみるのもいいね。

■「メルヘンビルダー」(こぐま社)

 メルヘンビルダーとはメルヘンの絵という意味。
ヘンゼルとグレーテル、赤ずきんなどをはじめとする
九つのグリムの昔話を、1話1枚の絵で描きました。
画面いっぱいにちりばめられたお話のさまざまな場面、
登場する人や動物たちを見つけてください

■「ゲンタ!」(ほるぷ出版)

 小5の夏、ゲンタは山で崖から転落、
同じ時にステージから落ちた25歳のミュージシャン「ゲンタ」と、心と体が入れ替わる。
訳もわからず苦手な歌をバンドで歌うはめになるが、
次第にその魅力を感じ始める。

■「ラチとらいおん」(福音館書店)

 ラチは世界で一番弱虫な男の子。
犬も暗い部屋も、友達でさえ怖いのです。
そこへ小さな赤いらいおんが現れ、ラチを強くしてくれるといいます。
それからはいつも一緒。助けられ少しずつ強くなります。
そしてある日、いじめっ子に……。

■「ともだちは海のにおい」(理論社)

 いそがしく身体を動かすのが好きないるか。
のんびりと考えごとをするのが好きなくじら。
そんなふたりが、ある日出会って友だちになった。
体の大きさも性格も全く違うけれど、一緒にいると、とても楽しい。

■「ツバメ号の伝書バト(上・下)」(岩波書店)

 夏休み、イギリスの湖水地方に集まった8人の子どもたちは、
古い鉱山で金を探すことに。
ところが、見知らぬ男も調査を始めていた。そこで通信に伝書バトを使い、
先に金を見つけようと作戦を練る。
様々な困難も大人の力を借りずに、知恵と工夫ではねのけていく。

以上です。
私が子供の頃は漫画ばかりで本を読むのが苦手だったのですが、今は面白そうな本が多いですね。

お仕事探し!
今すぐ登録 会員専用ページ

会員ID

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

登録会情報はこちら 保育士くらぶ 官公庁の皆様へ 店舗案内 保育の現場インタビュー 保育の素材缶 保育園用語集 おすすめ保育園幼稚園リンク集 運営会社紹介
人材派遣・人材紹介の
アスカグループ

TEL0120-777-277

(フリーダイヤル)
アスカツイッター 保育求人ガイド アスカグループ 介護求人ガイド グローバル人材の採用 セミナー情報 保育の現場レポート