保育士求人(正社員・パート・派遣)|幼稚園教諭

裸足保育はなぜ体に良い?!

こんにちは☆
アスカ横浜支店のスミヤです(^^♪

今回は裸足保育について調べてみました!


保育園に見学に行くと、裸足保育を実践している所も多く見かけます。(床暖が完備されていたり・・・!)


なんとな~く「裸足は健康に良いんだろうな~」とわかると思いますが


具体的には・・・

足の指を自由に使うようになる
土踏まずの成長に良い
暑い日でも足が蒸れない
風邪をひきにくくなる
足の裏を刺激することで脳の活性化
自然をじかに踏むことが大切
開放感を持つ


というような事が言われているようです。

☆靴を履いた状態
足の指が締め付けられ動く範囲が狭くなる

☆裸足
足指が自由に動かせる為、足裏の筋肉発達を促す。
            ↓
バランス良く歩く事で体全体のバランスも整える。


子供だけではなく、大人でも裸足健康法を実践している方もいます♪

指先を刺激する事は脳の刺激にもなり老化防止に繋がるとか(*’▽’)



ただ、やはり裸足保育を行う上での注意点もあります。

・ケガのリスクが増える為、落下など床・園庭などの整備により注意が必要
・裸足に慣れすぎると靴が窮屈に感じる


何事も適度が大事との事で、状況に応じて靴下を履いたりして下さい♪


裸足保育で育った方の情報では

「風邪をひかない」
「病気しにくい丈夫な身体です」

などの情報がとても多かったです!

これからの季節、裸足健康法実践しやすいので是非~♪

お仕事探し!
今すぐ登録 会員専用ページ

会員ID

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

登録会情報はこちら 保育士くらぶ 官公庁の皆様へ 店舗案内 保育の現場インタビュー 保育の素材缶 保育園用語集 おすすめ保育園幼稚園リンク集 運営会社紹介
人材派遣・人材紹介の
アスカグループ

TEL0120-777-277

(フリーダイヤル)
アスカツイッター 保育求人ガイド アスカグループ 介護求人ガイド グローバル人材の採用 セミナー情報 保育の現場レポート