保育士・幼稚園教諭の転職情報、求人募集を探すなら
保育情報どっとこむアカデミーTOP › 保育の現場インタビュー › 引越し先にて久々の保育復帰
引越し先にて久々の保育復帰 イメージ

引越し先にて久々の保育復帰

認定こども園の栄光保育園さんに派遣スタッフとしてお勤めされている
池田先生にお話をお聞きしました。

アスカを知ったきっかけを教えてください

転居があって、しばらく保育の仕事から離れていたのですが
とにかく、早く保育の仕事がしたくてインターネットで
検索していたところ、近場で良さそうな仕事の募集が
アスカさんのHPに掲載されていたのがきっかけです。

保育のお仕事で気をつけていることなどを教えてください

担当として受け持っているのは2才なんですが、先生のお休みなどが
あれば他の年齢の手伝いにも入ります。ですので0、1、2才と
全部見ていますね。
特に何か特別なことをしているわけではないのですが
小さい子どもへの言葉がけは大事かなと思っています。
「お人形さん、かわいいね」と声をかけてあげると
とてもかわいらしく笑ってくれますし、表情が豊かになるんです。
0才のお子さんにも積極的に言葉がけをするようにしています。
後は、とにかくケガがないようにということでしょうか。
小さいお子さんはオルガンの下に隠れてみたり
加湿器にむやみに触ろうとしたり、本当に何をするか分かりませんから
担当しているお子さん以外であっても、周囲にしっかり目を光らせて
いなくてはいけないと思っています。

ブランクがあるということだったのですが
復職するにあたって不安などはありましたか?

早く現場に戻りたい!という気持ちが強かったので
特に不安はありませんでした。
とにかく、保育のお仕事をしていた時の楽しかった頃に戻りたい!と
楽しみしかなかったです。

ただ、引越して来たばかりで土地勘がまったくなかったので
仕事を捜そうにも、どこに何があるやら分からなくって
ハローワークもどこにあるか分からないような感じだったんです。
仕事を探すのも、インターネット頼りでしたから
土地勘に対する不安が強かったですね。

これから保育の仕事を始める方・復職される方へ
ぜひアドバイスなどをお願いします!

気持ちが一番大事だと思います。
子どもが好きで接していれば、子どもの方から来てくれます。
子どもへの愛情をもって仕事に取り組んでいれば
楽しく過ごせると思ってます。

池田先生へのインタビュー後、、

最後の質問の時には、アドバイスするほどのものじゃありませんから
なんて謙遜されながら、それでも真剣に質問に答えてくださいました。
時にユーモアを交えつつ、子どもたちへの真摯な想いを語ってくださり
普通にお話している時も、子供が本当に好きなんだなと感じる先生でした。
大好きな雰囲気は人柄にも出るんですね。

忙しい中、快くインタビューに応じてくださった池田先生
そして協力してくださった保育園のみなさま
本当にありがとうございました。