保育士・幼稚園教諭の転職情報、求人募集を探すなら
保育情報どっとこむアカデミーTOP › 保育の現場インタビュー › 【玄界島】子どもたちのふるさとを守り続ける。離島で働く保育士さんインタビュー ~前編:松田ゆかり園長先生~
【玄界島】子どもたちのふるさとを守り続ける。離島で働く保育士さんインタビュー ~前編:松田ゆかり園長先生~ イメージ

【玄界島】子どもたちのふるさとを守り続ける。離島で働く保育士さんインタビュー ~前編:松田ゆかり園長先生~

そこは福岡市西区。
穏やかな海に包まれるように、小さな離島「玄界島」は存在している。

福岡市内からバスやフェリーを使って30分弱。

別世界のような雄大な自然と静寂。
漁業者の活気や地域住民同士の会話。

どれも都会での生活では触れることのできないものたちだ。

島唯一の保育園、「玄界島保育園」には今日も子どもたちが元気に登園してくる。
先生たちに迎えられ、元気な挨拶とともに1日が始まる。

昭和55年の発足以来、現在は14名の園児を受け入れている。

島に生まれ、島で育つ。
島を想い、島で働く。

そこには、保育士や地域の住民、保護者や子どもたち、
それぞれが離島の生活に寄り添う温かな保育のあり方があった。

シンプルに、健康的に。大切なことを育んでいく

「挨拶をすること。靴をそろえること。人の前を歩かないこと。心を込めて話を聞くこと。
人生で必要な、基本的なことを子どもたちには教えたいのです」

そう話してくれたのは、当保育園発足時から保育士として勤務を始め
40年弱に及び島の子どもたちを見守ってきた松田ゆかり園長。

インタビューに応えてくれる表情には、随所に温かさがにじみ出ている。

「ここは漁師町ということもあり、みんな気が短く気性が荒いんです。話をしていても言い合いになったりワッとなることがある(笑)そういった地域性から、園ではまず話を聞ける子を育てようと思いました。朝体を動かした後に私や保育士さんたちの話を聞いてもらう時間を作っています。」

そして松田園長はこう続ける。

「ただじっと座っていることがゴールではないんです。大切なのは心技体。心を傾けて話を聞き、目できちんと話し手を見る。その人がどんな気持ちで話をしているのかを想像する。そうして心の通ったコミュニケーションを覚えていくんです。」

先生たちは子どもたちの意見も聞く。
どう思うか、どう感じたか。
自分なりに言葉にする。

そうすることで、年齢は関係なくきちんと話の聞ける子どもが育つのだそう。

「朝のうちに運動をしてしっかりと体を覚醒させる。集中力が増すのでまずは運動です。毎日続けることで、早い子では3歳で登り棒や連続逆上がりができちゃうんですよ。子どもたちの運動能力は本当にすごい!と自信をもって言い切れます(笑)」

こうして玄界島の子どもたちの“心技体”は育まれていく。

ただ一方で、子どもたちの成長に離島ならではの課題があるのも事実だと教えてくれた。

多様な考え方に触れる。自分の意思を発信する。その力をどう伸ばすか

離島では人間関係の幅が狭いがゆえ、
子どもたちには考え方の多様性に欠ける部分や、
自分の意思を発信する力が弱いと感じる面もある。

小学校や中学校に上がっても人間関係に変化がないため、
小さいころからの性格や気質が変わらなく、
成長の幅にリミットができてしまう可能性もあるのだという。

「ダンスや空手、ピアノやサッカーなど、モノやコトへの“欲”もおそらく都市部の子どもたちに比べては少ないと思います。できるだけ多くのチャレンジや興味の場を持てるように私たちが積極的に仕掛けないといけないと思っています」

以前外部から講師を招いて英語や楽器に取り組むことへも挑戦したが、
費用や時間の面で継続させるには困難なことが多かった。

保育方針についての園側の課題も同様だ。

「現在園の定員は14名。人数が少ないので教育方針が育ちにくいんです。自分たちが思い描く保育のあり方や目指す姿、それが本当に子どもたちに合っているのか、時間をかけてより良いものに昇華していけるのかという点に関してはやはりまだ弱い部分があります」

少人数の密接したコミュニティだからこそ、1人1人に寄り添った保育ができるのは事実。

離島ならではのいい面も捉えたうえで、課題をどうフォローしていくかが今問われている。

心を満たす“おすそ分け”。垣根を超えた共生のカタチ

園にはフェリーで通勤している保育士も。

天候などで帰宅できない時のために、園の一室をスタッフ専用の部屋として確保している。
風呂も自由に使え、食事は近くの農家や漁業の方が差し入れをもってきてくれる。

人と人との結びつきがもたらす地域のあり方はきっと他では見られないだろう。

運動会には近所のおじいちゃんおばあちゃんが、まるで自分の孫を見に来るかのように応援に来る。
親や先生以外の大人からほめてもらうという体験は子どもの成長にはとても大事、と松田園長は言う。

そんな地域の絆を松田園長は「心が満たされる」と表現する。

ここにはコンビニもファストフード店もない。

お金を払えば楽にご飯が食べられる時代に、
自分たちの手で、自分たちの土地を活かして作った食材を食べることや地域の大人との関わりは
まさに、お腹以上に心を満たす要素になっているに違いない。

島の子どもたちにとって玄界島保育園は、
「島の保育園」として生まれたときから馴染みがある。

そのため、ここでは慣らし保育の制度は取り入れていない。
どの子もみな緊張しながらも、入園と同時にすぐ園での生活に親しめるのだという。

それくらい島の住民にとって唯一の保育園の存在は大きいのだろう。

この島をふるさとに。地域全体で子どもたちを育てていく

「島の仕事は少なく定着率が低い、人口が増えない、子どもが増えない…と
少子高齢化の影響は痛いほど感じる。」と松田園長は語る。

「例えば最近目にする虐待のニュース。事情によって家庭での子育てが困難になった子どもたちの行き場が少ないように感じます。そういった子どもたちを島で受入れ、島の住民で育て、うちの保育園へ通ってもらい、ここをふるさとにして住み続けてもらえたら…」

自分や社会が抱える課題に対し、何かしないと、と思っていても、
なかなか行動として表に出るまでには時間が必要だ。

島全体で社会貢献できる仕組みを作ることに今後は取り組んでいきたいと、松田園長の志は強い。

“今すぐ”より、“長い目”で。人の成長を見守り続ける

「若いときは使命感に駆られて、私が何とかしなきゃ、とか今すぐ何とかしなきゃ、と憤っていたけれど(笑)」の前置きとともに、松田園長は最後に、保育にかかわる人に向けメッセージを伝えてくれた。

難しいことはしなくていい。
良い悪いの基本をしっかり教える。
人としていけないことはきちんと伝える。

「ゆっくりでいい。すぐに何かをするのではなく、長い目で子どもたちを育てていく。」

それは、園に通う3年や5年というスパンではなく、
この園から巣立ち、義務教育を終え、
この島で働く何人もの人を見守ってきた松田園長ならではの言葉だろう。

「悩んだときは遠慮せず先輩に頼って、
現役の保育士さんに少しでも長くこの業界に携わってほしいと願います。」

大先輩のようなまなざしで松田園長はそう締めくくった。

※主任保育士・保育士のインタビュー(後編)へ続く

取材協力

玄界島保育園(社会福祉法人玄界福祉会)

〒819-0205
福岡市西区大字玄界島1262番地
交通アクセス:ベイサイドプレイス博多埠頭 市営渡船 玄界島行き 停留所より徒歩5分
定員:20名
障がい児保育/一時保育/園庭開放 対応可

松田ゆかり園長

昭和55年、玄界島保育園発足時より当保育園で保育士として勤務開始
自身の子育てや地震でのブランクがありながらも園を支え続ける
主任を経て、平成10年より園長へ就任。今年で勤続38年を迎える