保育士求人(正社員・パート・派遣)|幼稚園教諭

保育ニュース

学童保育の“大規模施設”増える

2012年08月16日

8月13日5:29|NHK NEWS

親が働いている間に子どもを預かる「学童保育」について、国は、安全管理などの面から、子どもの数は「40人程度までが望ましい」としていますが、利用する子どもの増加に伴って、71人以上の「大規模施設」の数は減少せず、逆に4年ぶりに増えたことが学童保育の協議会の調べで分かりました。

学童保育について、国は、けがや事故の防止、一人一人に目が行き届くことが大切だとして、1つの施設が預かる子どもの数は「40人程度までが望ましい」としています。
しかし全国学童保育連絡協議会が調べたところ、子どもが71人以上いる「大規模施設」の数は、ことし5月1日の時点で全国に1352か所あり、去年より101か所増えて、4年ぶりに増加に転じたことが分かりました。
この理由について協議会は、「働く母親の増加が背景にあるほか、いったん廃止が打ち出された大規模施設への国の補助金が、自治体の反発を受けて継続しているためではないか」としています。
協議会は施設が適正規模で運営できるよう、国に対して、自治体への財政支援や保育の質を確保するための「最低基準」の設置などを求めることにしています。




http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120813/k10014236891000.html

このページの先頭に戻る

お仕事探し!
今すぐ登録 会員専用ページ

会員ID

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

登録会情報はこちら 保育士くらぶ 官公庁の皆様へ 店舗案内 保育の現場インタビュー 保育の素材缶 保育園用語集 おすすめ保育園幼稚園リンク集 保育士試験・解答 運営会社紹介
人材派遣・人材紹介の
アスカグループ

TEL0120-777-277

(フリーダイヤル)
アスカツイッター アスカグループ 介護求人ガイド グローバル人材の採用 セミナー情報 保育の現場レポート