保育士求人(正社員・パート・派遣)|幼稚園教諭

保育ニュース

エコノやまがた:子育てサポート企業、「ユニバーサル山形」認定 

2012年06月08日

職場環境整備、低い離職率 中小企業では県内初 /山形

エコノやまがた:子育てサポート企業、「ユニバーサル山形」認定 職場環境整備、低い離職率 中小企業では県内初 /山形

 山形労働局は次世代育成支援対策推進法に基づき家庭と仕事の両立を支援する「子育てサポート企業」に、訪問看護、居宅介護支援などを手掛ける「ユニバーサル山形」(山形市青田南、従業員46人)を認定した。中小企業での認定は県内で初めて。従業員の少ない中小企業の場合は、子育て支援への取り組みが進みにくく、同社の取り組みは今後のモデルケースとして期待されている。【安藤龍朗】
 従業員301人以上の企業は05年4月から、101人以上300人以下の企業は11年4月から、従業員の子育て支援についての一般事業主行動計画の策定、届け出が同法で義務付けられている。
 一方、従業員が100人以下の企業の場合は計画の策定、届け出は努力義務となっており、ユニバーサル山形はこの範囲に該当する。
 届け出企業のうち、一定の条件を満たせば子育てサポート企業として認定される。県内で認定されたのは山形カシオ、山形銀行、日東ベスト、ユニバーサル山形の4社。
 同労働局によると、県内には301人以上の企業が106社、101人以上300人以下が336社あるが、今年5月末にいずれも行動計画の届け出率が100%を達成した。一方で、100人以下の企業は09年度末の218社をピークに、10年度末216社、11年度末208社と微減傾向が続いている。
 ユニバーサル山形は、従業員が男性16人、女性が30人で、08年12月に行動計画を策定した。計画に基づいて、10日間の配偶者出産休暇制度を導入、夏季休暇、年次有給休暇の取得促進を進めるPR委員会を設置するなどの取り組みを進めた。男性従業員1人が育児休業を取得、女性従業員の育児休業の取得率が100%を達成するなど、子育てサポート企業の認定基準を満たし、今回の認定に至った。
 介護業界は離職率が高いのが半ば常識だが、同社では昨年度の離職者は2人で、いずれも家族の転勤に伴うもの。半日単位で取得できる子供の看護休暇制度を設けるなど、子育てと仕事を両立しやすい職場環境づくりを進めてきた。
 土屋和彦社長は「シフト管理に手間がかかるなど負担はあるが従業員が働きやすくなっているのは確か。少子化が進む中で労働者の確保は大切で、離職率が低い状況を今後も維持していきたい」と話している。



毎日新聞 6月7日(木)12時3分配信


http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20120607ddlk06020098000c.html

このページの先頭に戻る

お仕事探し!
今すぐ登録 会員専用ページ

会員ID

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

登録会情報はこちら 保育士くらぶ 官公庁の皆様へ 店舗案内 保育の現場インタビュー 保育の素材缶 保育園用語集 おすすめ保育園幼稚園リンク集 保育士試験・解答 運営会社紹介
人材派遣・人材紹介の
アスカグループ

TEL0120-777-277

(フリーダイヤル)
アスカツイッター アスカグループ 介護求人ガイド グローバル人材の採用 セミナー情報 保育の現場レポート